アライアンスのカーヘンジ(車のストーンヘンジ)

アライアンスのカーヘンジ車のストーンヘンジ

アメリカ合衆国ネブラスカ州アライアンス近郊にある車で作られたストーンヘンジ「カーヘンジ」。

灰色に塗装されたヴィンテージカーによって構成されており、1987年の夏至に作成された。

直径29mの円状に38台の車が並べられ、いくつかは高さ1.5mの穴に縦に埋め込まれ、その上に車が乗せられている。

英ストーンヘンジにはヒールストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩があるが、カーヘンジではヒールストーンとして1962年製キャデラックが用いられている。三台の車が埋められており、その「墓石」となっている車には「ここに三台の外国車の骨が眠る。デトロイトが眠っている間、彼らは我々に尽くしてくれた。今デトロイトは目覚め、アメリカは偉大である」と書かれている。

2006年にはビジターセンターもできている。

珍スポットとして愛好されていますが現役施設です

アライアンスのカーヘンジ(車のストーンヘンジ) 国

アメリカ合衆国ネブラスカ州

アライアンスのカーヘンジ(車のストーンヘンジ) 種類

珍スポット・巨大施設

アライアンスのカーヘンジ(車のストーンヘンジ) 画像

アライアンスのカーヘンジ(車のストーンヘンジ) 写真・ブログ・リポート

英の遺跡模した「カーヘンジ」、灰色に塗った38台の車が“観光名所”に
http://www.narinari.com/Nd/20111116682.html
2011年11月8日 そこで、生前父親が住んでいたアライアンスの土地に、英国在住時に興味を抱いた「 ストーンヘンジ」を模して、灰色に塗った38台の車で形や大きさを“本家”のように再現した 「カーヘンジ」を作ろうと決意。父親の葬式に集まった35人の親族と5

ピックアップ廃墟