ミステリー・キャッスル(フェニックス)

死を覚悟した父が娘に贈った奇城

ミステリー・キャッスル(Mystery Castle)は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックスのサウスマウンテンパークの麓にある

1930年代に、自分が結核であることを知ったボイス・ルーサー・ガリー(Boyce Luther Gulley)が、シアトルからフェニックスに移り住み、娘のメリー・ルー・ガリー(Mary Lou Gulley)の為に造った。ガリー氏は1945年に逝去し、その後娘と妻が移り住んだ。

モーター、セメント、カルシウム、ヤギの乳、石、自動車部品など、非常に多岐に及ぶ変わった材料によって作られており、三階建てで18の部屋がある。チャペルやバー、ダンジョンも備えており、城の一部は未完成である。1992年まで電気や配管も未整備だった。

娘のメリー・ルー・ガリーは2010年11月3日に逝去したため、アリゾナ州が所有者となる可能性がある。「フェニックスの名所(Phoenix Points of Pride)」に指定されている。

ミステリー・キャッスル(フェニックス) 国

アメリカ合衆国

ミステリー・キャッスル(フェニックス) 種類

珍スポット・巨大施設

ミステリー・キャッスル(フェニックス) 画像

ミステリー・キャッスル(フェニックス) 写真・ブログ・リポート

主な見どころ Guide to フェニックス
フェニックスの、そして全米で最も人気の名所の一つです。フェニックスを訪れたら必見 の場所です。 サウス・マウンテンの近くにあるミステリー・キャッスルは、再利用された ボトル、煉瓦、花崗岩などからできています。1930年代に、ある父親が娘のために作っ
アリゾナガイド-フェニックスその他
岩山とサボテンだらけのところですが、春には緑の下草が生えそろうこともあります。 なお、サウスマウンテンパークの北側には、岩でできた奇妙な建物の「ミステリー キャッスル」があります。 〔行き方〕 フェニックス市内からは Central Ave.を南下します。 Dobbins