赤沢隧道は、神奈川県小田原市の東海道本線の廃線区間にある隧道。通称「眼鏡トンネル」。 現在真鶴ト....

赤沢隧道(東海道本線廃線区間)

赤沢隧道(東海道本線廃線区間) 概要・歴史

赤沢隧道は、神奈川県小田原市の東海道本線の廃線区間にある隧道。通称「眼鏡トンネル」。 現在真鶴ト....

赤沢隧道(東海道本線廃線区間) 画像

©Departure
©Departure
©Departure

近くのスポット

赤沢隧道(東海道本線廃線区間) 関連ブログ・参考リンク

http://www.geocities.jp/kanagawasanpo/akazawa/akazawa.html
赤沢隧道は、大正15年(1926年)に完成した根府川~真鶴間の旧東海道線のトンネル である。昭和48年(1972年)に新しいトンネルができ使われなくなったものの、その歴史 的価値は高いと思う。そこで、このトンネル目指し、探検してみることにした。
http://www.hotetu.net/haisen/kanto2/101205toukaidoumanaduru.html
2010年12月9日 ⑩東海道線旧線の八本松隧道。真鶴側入口。 ⑪東海道線旧線の八本松隧道内部。 ⑫ 東海道線旧線の八本松隧道。根府川側入口。 ⑬東海道線旧線の八本松隧道-赤沢 隧道間の廃線跡。架線柱に草が覆われている。 ⑭東海道線旧線の
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn021/akazawa/akazawa1.html
ワンダーJAPANに赤沢隧道が掲載されていた。 このトンネルは1922年、国鉄熱海線 の開業とともに作られ、 廃線跡は標高の低い方なのだろう、と藪をこぎこぎ下っていっ たら、コンクリ塀発見。 近くには旧国鉄の境界標もあった。 塀の下には林道のような未
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/34067963.html
2008年1月15日 新トンネル完成とともに昭和47年に廃線となってしまいました。 イメージ 7. こちらが第3 のエリアで、神殿を彷彿させる巨大な柱が組み合っています。 3つの表情を持っている 赤沢隧道は、鉄道マニアの聖地になっているようです。 イメージ 8
http://kodou.lolipop.jp/manazuru.htm
2008年7月27日 しかしその間、既にあの廃隧道を探索した人々がいること、あの辺りには3つの廃隧道が 存在すること、そしてアプローチもそれほど難しくないことが分かっ 潜る赤沢トンネル の 前後は根府川真鶴よ 今も忘れぬ穴あきの 旧トンネルの面白さ」
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/34057069.html
今回は、廃線を求めて神奈川県のとある場所を目指しました。 廃線を目指しているにも係わらず、最初に到着した場所は相模湾を一望出来る高台。 廃線区間の端から歩いてしまうと目的地である赤沢隧道まで時間がかかってしまう為に、 これが近道なのですが
http://ameblo.jp/eigazukinosyuukatu/entry-11339876679.html
2012年9月4日 ジャック・ポイ フィルム (jack-poy Film)のジャック・ポイ Filmの記事、廃線をゆく!真鶴 の隧道 長坂山~八本松~赤沢です。
http://www.web-gis.jp/GeoSite/GeoGuide/akazawa.html
JR東海道本線根府川・真鶴間旧赤沢トンネルを含む廃線区間. JR東海道本線の 根府川・真鶴間は相模湾に沿った海岸線を走る風光明媚な区間で、特に白糸川橋梁 付近は鉄道マニアがよくシャッターチャンスをうかがっている場所である。しかし、この 区間が、ツ黴
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10533077335.html
鉄関係に疎いので詳しいことはわからないのですが、東海道の廃線跡なんだそうです。ググるといっぱい出てきます。竹やぶを掻き分け、コンクリートの壁をよじ登るとここに出てきます。このトンネルの隣は電車が走ってます。
http://blogs.yahoo.co.jp/freezemoon315/12630105.html
赤沢随道普段ならアクセスするのは大したことないのですがこんな大雪で吹雪いてるなかだったんでスゲー疲れました(*_*)晴れてたら景色良かったんですけどね~。
http://chmastian.blogspot.jp/2012/04/2-m-200.html
そして最後のスポット。東海道線の廃トンネル「赤沢隧道」です。通称・貧乏坂に車は駐車。立入禁止の工事現場に足を踏み入れ道っぽいところを歩いていきました。竹薮になると道が分かりにくくなり、終いには道が無くなったので、上を目指しました。道なき道を行くのは危険なのです
http://dateshigesane.jugem.jp/?eid=68
複線の廃線があると聞いて朝から電車に乗ってたついでにこの前にカラオケに行ってたりしてすっかりもう明るい時間だ真鶴駅にやってきたここに複線の廃線跡があるらしい線路沿いを歩く真鶴道路旧道をまさか徒歩であるくとは思わなかったここは2008年まで真鶴道路として有料道路
http://flarestack.blog99.fc2.com/blog-entry-21.html
ワンダーJAPAN13号にて紹介されていた赤沢隧道。以前から存在は知っていましたが、掲載されていた写真がなかなかに素晴らしかったのでちょっくら行ってきました。まずは東海道線に揺られて最寄り駅の真鶴駅へ。都内からそんなに時間がかからないのでサクっと行けます。そこ
http://zyu33.seesaa.net/article/414437549.html
2015年2月21日 この真鶴隧道は1972年に完成したそうで、それ以前は「赤沢隧道」「八本松隧道」「長坂山隧道」の3つのトンネルが役割を果たしていたようです。 耐震性の問題により1972年にて廃線になった、上記の3つのトンネル。なんと、未だに廃線区間ツ黴
http://ameblo.jp/150175/entry-12275666474.html
いよいよ旧東海道線廃線の隧道も最終章 メインイベントの赤沢隧道です。何故でしょう? 私はブログで写真を見た時に絶対行きたいと思いました。 補強の為の鉄骨が、景色を見るために開けられた窓と 一体化し、まるで協会の窓の様なのが印象的
http://blog.livedoor.jp/club007/archives/22727769.html
神奈川県の真鶴に残る廃線跡。レールはとうの昔に撤去されていますが、3つの隧道と架線柱は今もひっそりと残っています。東海道本線の根府川駅~真鶴駅間は、現在、真鶴隧道で結ばれていますが、1972年(昭和47)まではもう少し海寄り(R135の崖の上あたり)を走ってい
https://raijin-fuji.amebaownd.com/posts/2398344
いよいよ旧東海道線廃線の隧道も最終章メインイベントの赤沢隧道です。何故でしょう?私はブログで写真を見た時に絶対行きたいと思いました。補強の為の鉄骨が、景色を見るために開けられた窓と一体化し、まるで協会の窓の様なのが印象的です。この隧道、大まかに三つの区間に分れ
http://kanagawa.travel.coocan.jp/akazawa/akazawa.html
廃線跡から赤沢隧道(旧東海道線赤沢トンネル)2010.06[八貫山~アーチ部分~新島]赤沢隧道は、大正15年(1926年)に完成した根府川~真鶴間の旧東海道線のトンネルである。昭和48年(1972年)に新しいトンネルができ使われなくなったものの、その歴史的価値
http://dhanow.ldblog.jp/archives/50377630.html
東海道本線の旧線である赤沢隧道などを見に行きました。2016/02/17小田原駅から箱根登山バス小03系統に乗り終点の石名坂へ。早川から根府川までは海岸線を走る。途中の根府川駅。終点の石名坂バス停。バス停の脇から下る道に入る。この先に東海道本線の旧線がある。こ
https://departure.amebaownd.com/posts/5565879
東海道本線の廃線区間である。強度的な問題から、1972年に真鶴トンネルに役目を譲り廃線となった。赤沢随道に着くまでは、長坂山随道、八本松随道と幾つかのトンネルを抜けてゆく。昔はここを電車が走っていた。出口では植物が光を求め、地面を這う。同様に自分も這うように藪
赤沢隧道(東海道本線廃線区間) 関連ワード
  • ロイヤルボックス
  • 乗車
  • 景色
  • 道内