カムフランク駅(Canfranc)

スペインのカムフランク(Canfranc)にある鉄道駅。

フランスのベアルン(Béarn)とスペインのアラゴン(Aragon)を結ぶピレネー山脈横断鉄道の駅であった。この路線は1904年に建設が始まり、多大な困難の末に1928年に完成したもので、全長1864キロ、途中7875mものトンネルを含むものだった。

経営は赤字で、1929年の大恐慌、1936年に始まるスペイン内戦もあり、ピレネー山脈横断トンネルはフランス側からの侵入を防ぐべく封鎖されてしまった。第二次世界大戦中、ドイツがこれを利用しようとし、1944年にはフランス国内でレジスタンスが何度かこれを爆破した。

1948年、ピレネー山脈横断鉄道は再稼働するが、収益は上がらず、1970年3月27日には貨物列車が橋から転落する事故が起きた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

カムフランク駅(Canfranc) 国

スペイン

カムフランク駅(Canfranc) 種類

廃線・鉄道駅

カムフランク駅(Canfranc) 画像

カムフランク駅(Canfranc) 写真・ブログ・リポート

Urban exploration: Canfranc railway station
http://www.forbidden-places.net/urban-exploration-canfranc-railway-station