ウッカンジュの溶鉱炉

フランスのウッカンジュ(Uckange)にある溶鉱炉跡。

ドイツ領であった1890年から1891年と1897年から1898年の間に、四つの溶鉱炉がストゥム兄弟によって建設された。第一次世界大戦後フランス領となり、ロレーヌ溶鋼製鉄所(Forges et Aciéries de Lorraine)となった。二十世紀を通じ何度か改築され、ロルフォント工場と改称されたピーク時には六基の溶鉱炉が稼働していた。

工場は1991年に閉鎖され、第一溶鉱炉は数年後に爆破解体された。現在は一つの炉だけが残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ウッカンジュの溶鉱炉 国

フランス

ウッカンジュの溶鉱炉 種類

廃工場・発電所

ウッカンジュの溶鉱炉 画像

ウッカンジュの溶鉱炉 写真・ブログ・リポート

Urban exploration: Uckange Blast Furnace
http://www.forbidden-places.net/urban-exploration-Uckange-Blast-Furnace
Four blast furnaces were built between 1890-1891 and 1897-1898 at Uckange by the Stumm brothers. At that time Uckange and the Lorr