谷中村 概要・歴史

谷中村(やなかむら)は、栃木県下都賀郡にあった村。1906年に強制廃村となり、同郡藤岡町(現・栃木市藤岡町)に編入された。現在の渡良瀬遊水地のある場所にあった。

明治10年(1877)頃から渡良瀬川上流の足尾銅山より流出する鉱毒により、農作物や魚に被害が見られるようになり、その後鉱毒を沈殿させる遊水地のため、強制的に立ち退きとなった。

その後現在まで無人のままだが、栃木市藤岡町内に旧谷中村合同慰霊碑が、渡良瀬遊水地内に谷中村役場跡・雷電神社跡などの遺構があり、見学することが可能である。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

谷中村 住所

栃木県栃木市藤岡町

谷中村 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

谷中村 画像・写真

谷中村

谷中村 ストリートビュー・空中写真

谷中村 ブログ・リポート

谷中村跡
谷中村跡▲ 404?
http://www8.plala.or.jp/kawakiyo/kiyo40_35.htm
正造と谷中村民は、貯水池建設と谷中村の廃村に反対したが、政府と栃木県は堤防 修復に名を借りて谷中村を3年間水づけに 明治39年4月栃木県知事白仁武は、谷 中村の廃村と藤岡町への合併を谷中村議会で決議させようと謀ったが、村議会はこの 案を
谷中村廃村
http://www1.ocn.ne.jp/~torotoro/yanakamurahaison.htm
谷中村は1889年(明治22年)下宮村、恵下野村、内野村の3村が合併してできた村で、 栃木県の最南部に位置し、渡良瀬川、巴波川、思川に囲まれた洪水常襲地帯であった。 反面、肥沃な土壌を洪水が運んでくるため農地は全く肥料を必要としない程の肥田とも
渡良瀬遊水地
http://www.doboku.shimotsuke.net/wataraseyuusuiti.html
しかし、かってここには、日本の公害闘争の原点といわれる足尾銅山鉱毒事件の犠牲と なった、谷中村廃村の歴史が刻み込まれています。役場跡・雷電神社・延命院など、秋 になると寺院跡にはきまって赤い彼岸花が咲き、旧谷中村の史跡をとどめています。
ススキヶ原に陽は暮れて
http://heyaneko.web.fc2.com/dj7.html
この時期に行く廃村として選んだのは,迷いもなく栃木県塩原町の塩ノ湯事業所と藤岡 町の旧谷中村でした。 妻の父(義父)は昭和6年(1931年)北海道生まれ。若い頃は 営林署の職員で,北海道から島根県,栃木県と山を移動して,昭和30年頃からおよそ 15
渡良瀬遊水地
http://www.cc9.ne.jp/~ssuto/y-01.htm
政府はその解決策として、渡良瀬川下流の低湿地帯を貯水池化とし、谷中村買収を 具体化しました。これは、鉱毒の問題を谷中村貯水池(実際は、足尾銅山から流された 鉱毒の沈殿池)という治水対策に転嫁したものでした。谷中村民は貯水池建設と廃村に
足尾鉱毒事件と古河 -田中正造を助けた人々-
http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/rekihaku/tenjiannai/josetu/tanaka.htm
田中正造は、やがて廃村となってしまう谷中村を舞台に、鉱毒被害に反対して政府と たたかい、自然と人間の共存、人権と自治の思想をうったえつづけた。その活動の拠点 は、谷中村とも交通の便のよい、古河が中心であり、古河の人々のなかには正造を支援
仮小屋も壊され谷中村は廃村へ
http://www.asahi-net.or.jp/~fd7y-hys/column/co11.html
谷中村を廃村にしてそこに貯水池を作り鉱毒を沈殿し、洪水を防ぐとして計画。土地収用 法、さらに河川法を適用して村民の追い出しをはかります。漁具を盗み、堤防を毀して 麦畑を水没させ、青年を遊興に誘って財力を失わしめ、古道具屋に農具や家具、樹木を
谷中村跡・鉱毒被害地域の反応
http://www8.plala.or.jp/kawakiyo/kiyo40_35.html
正造と谷中村民は、貯水池建設と谷中村の廃村に反対したが、政府と栃木県は堤防 修復に名を借りて谷中村を3年間水づけに 明治39年4月栃木県知事白仁武は、谷 中村の廃村と藤岡町への合併を谷中村議会で決議させようと謀ったが、村議会はこの 案を
野鳥・探鳥・渡良瀬遊水地を訪ねる
http://blogs.yahoo.co.jp/arakant2/30292886.html
渇水期にはかつてここにあった谷中村の中心部の役場や雷電神社などの史跡にアクセスできるようになっっています。 このハート型の谷中湖はそっくり旧谷中村のあった地域で、調節池を造るにあたって強制廃村にされた痛ましい犠牲もあったのですが
旧谷中村廃村から足尾銅山の歴史をネットで・・・ - 山の花・自然風景
http://blogs.yahoo.co.jp/aruki234/63425122.html
旧谷中村廃村から足尾銅山の歴史を調べました レンタル自転車で渡良瀬遊水地の旧谷中村を見ようと、板倉東洋大前駅から わたらせ自然館 に来たが休館日?、土手沿いを歩いてしまった。 渡良瀬の土手沿いを次のレンタル自転車扱いの道 
谷中村廃村 - 渡良瀬遊水地トroトロ散歩
http://torotorosanpo.sakura.ne.jp/yanakamurahaison.htm
左;屋敷跡 右;谷中村役場跡 谷中村は1889年(明治22年)下宮村、恵下野村、内野村の3村が合併してできた村で、栃木県の最南部に位置し、渡良瀬川、巴波川、思川に囲まれた洪水常襲地帯であった。反面、肥沃な土壌を洪水
廃村 谷中村 - 武刕(武州)地域遺産探究会7
https://sites.google.com/site/bonbon1234554328/fei-cun-gu-zhong-cun
武州地域で時が過ぎればいずれ忘られてしまう様な、その地域に残る残景を求めて、、、、 先日 映画 「鉱毒悲歌」を観て 旧谷中村を再編集しました。
緑の塚と葭原になってしまった旧谷中村遺跡の景況ー東日本
https://tokyopastpresent.wordpress.com/2013/08/13/%E7%B7%91%E3%81%AE%E5%A1%9A%E3%81%A8%E8%91%AD%E5%8E%9F%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%97%A7%E8%B0%B7%E4...
緑の塚と葭原になってしまった旧谷中村遺跡の景況ー東日本大震災の歴史的位置 2013年8月13日 by Hisato Nakajima つい先日(2013年8月11日)、仕事のついでに足尾鉱毒問題において遊水池として「廃村」させられた旧谷中村に行って
渡良瀬遊水地 第1調節池・谷中湖 谷中村史跡周辺 撮影地点G07
http://show-en-kei.com/watarase/wy_01_01/wy_01_01_g07.html
渡良瀬TOP / 第1調節池・谷中湖 / 谷中村史跡周辺 / G07 第1調節池・谷中村史跡ゾーン 撮影地点・G07 足尾銅山鉱毒事件や渡良瀬遊水地の造成により強制廃村となった谷中村。 地点G07は谷中村史跡の代表的な場所で
ちょっと散歩
https://ameblo.jp/gh2000y513700/entry-12335353027.html
銅山から流れた鉱毒により汚染されてしまったんですね。 遠く日光の山々が見えます 遊水地のために 100年くらい前に廃村になった 谷中村跡 なんか心霊スポット、とか噂されてるみたいですが、お化けは出ませんよ(笑) ここは苦しみなが
谷中村遺跡2017/05/05
https://blogs.yahoo.co.jp/mikokusa/41076075.html
足尾銅山跡と、鉱毒被害で廃村した谷中村遺跡を日帰りにて。企業の活動が地域の環境や健康を害した出来事と言えば、最近では福島と東電、少し前にはチッソと水俣などがある

ピックアップ廃墟