曽木第二発電所

湖底に沈む発電所

曽木第二発電所は、鹿児島県大口市にある発電所跡。

ダム湖の湖底にあり、ダムの水位を下げる5~7月のみ全体が水面上に現れる。遺跡のような荘厳さがある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

曽木第二発電所 住所

鹿児島県伊佐市大口宮人

曽木第二発電所 種類

廃工場・発電所

曽木第二発電所 写真・ブログ・リポート

九州ヘリテージ 「曽木発電所遺構」
http://kyushu-heritage.jp/report/sogi/sogi01.html
2005年6月26日 鹿児島県大口市にある曽木発電所遺構は、九州の数ある産業遺構の中でも非常に インパクトが強い物件ではないだろうか。その姿は発電所跡や廃墟などの表現より「 遺跡」というに相応しいと思う。更に特異な点として、その全体像を見ること
九州ヘリテージ - 曽木発電所遺構
http://kyushu-heritage.jp/map/36sogi/36sogi.html
この遺構は、近隣の金山・鉱山への電力供給を目的に設立された曽木電気株式会社の 第
曽木発電所跡 ~ダムに水没する遺構 ~鹿児島市伊佐市の近代化遺産
http://blogs.yahoo.co.jp/hsnm3373/32733149.html
2007年10月14日 曽木発電所跡」は東洋のナイアガラと呼ばれる「曽木の滝」という名瀑の近くにあります。 「曽木の滝」は後回しということに 曽木発電所跡」は、近代化遺産、ヘリテージング としては、結構有名なんですよね。 それは、鶴田ダムが出来た為に、
曽木発電所遺構
http://www.pmiyazaki.com/kyusyu/sogi_taki/sogihd.htm
鹿児島県大口市 曽木発電所遺構を画像で紹介 写真 Photo. 川内川の中流にある 曽木の滝(東洋のナイアガラと呼ばれている)の1.5km下流に、今でも明治の面影を 強く残している曽木発電所跡があります。 撮影をしたのは、9月の後半でしたので、今回 は
観光地案内 ::: 観光伊佐 ::: 鹿児島県伊佐市
http://www.city.isa.kagoshima.jp/kankou/kankouchi.html
(伊佐市大口曽木). 曽木発電所遺構(伊佐市大口曽木). 曽木の滝の1.5キロメートル 下流に、今でも明治の面影を強く残している曽木発電所跡があります。曽木発電所は 明治42年に竣工し、その出力は当時国内でも最大級の
旅行記 ・曽木の滝と発電所遺構 - 鹿児島県大口市
http://washimo-web.jp/Trip/Sogi/sogi.htm
曽木の滝の1.5km下流には、かつてわが国の近代化学工業発祥の時代を支えた「曽木 発電所」の遺構があります。 曽木の滝の右岸には、旧発電所の水路跡150mを再 利用した「洞窟きのこ園」があり霊芝(れいし)・アガリクスなどが栽培されています。
「曽木発電所跡探訪記」その2 - J-Bee.com
http://mytown.j-bee.com/waterboy/sogi1.htm
「曽木発電所跡」探訪記 その2 2001.5.4. 一夜を明かして、もちろん再度漕ぎ上って 、朝もやの中にたたずむ情景を見に行くつもりでしたが… 夜も星は見えませんでした。 やはり川沿いですから雲や霧が出やすいのでしょう。 昨日と違う切羽詰った訳もあって、
曽木発電所跡 - 地球探検の旅
http://earthjp.net/mercury/0807090001.html
2008年7月9日 明治45年に作られた煉瓦造りの水力発電所の建物跡です。30年ほど前に下流にダム ができたため、冬季は湖底に沈むので、煉瓦の壁のみ残りました。古代遺跡のような 煉瓦の壁が湖畔にたたずむ姿は幻想的です。
九州ヘリテージ 「曽木発電所遺構」
http://kyushu-heritage.jp/report/sogi/sogi03.html
2005年7月15日 曽木発電所から始まる歴史. この発電所(曽木電気)の歴史を辿ると非常に
曽木発電所遺構<西日本廃墟ツアー3日目③> - 追憶の彼方へ-廃墟
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/23997053.html
2008年1月15日 以前にどこかの廃墟サイトでこの写真を見て非常に興味を持ち、しかも普段はダム湖に 水没していて夏場の水位が低く ponichiさん万田抗や昇開橋、深水発電所などの見 たい場所もあったので、これらを行くか、曽木発電所まで行くか迷い
曾木発電所跡
http://ohike0725.web.fc2.com/20090524.html
真ー直ぐな道ですね。 滝まで来ると曽木発電所跡の案内があります。 案内通りに行くと 、駐車場があり展望公園が出来てました。 駐車場から歩いてすぐ待望の曾木発電所跡 を望むことが出来ました。 水が完全に引いていて、完全な姿を見ることが出来ました。
曽木発電所跡
http://www.geocities.jp/hp_ishikoro/Gallery1/g87-02.htm
へ. 普段は水没、年に一度姿を現す. (鹿児島) 曽木発電所跡. setstats. 1.
九州ヘリテージ 「曽木発電所遺構」
http://kyushu-heritage.jp/report/sogi/sogi02.html
2005年7月12日 さて、この曽木発電所自体について説明がまだだった。とても面白い歴史的な背景など は次回の報告書にするが、ここで簡単に説明したい。この遺構は正確には曽木電気 株式会社の「第二発電所」跡になる。この曽木第二発電所は明治42年に
宮之城線
http://tkohara.la.coocan.jp/miyanojou.html
今回私は、宮之城線線路跡エリアから微妙に外れているのですが、ぜひ目にしたい場所 があってそちらにも足を向けました。(外れていると言っても、徒歩では簡単でないだけで 、車ならものの5分の距離です) 私が向かった先は、旧曽木第2発電所です。
曽木第二発電所跡 - 焼酎と音楽と磯釣りブログ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/makien555/3351131.html
2011年5月2日 曽木第二発電所跡. 傑作(0). 2011/5/2(月) 午後 3: イメージ 2. イメージ 1. 鶴田ダム が乾季(水不足)になると現れる、曽木発電所跡. 神秘的な光景です。 焼酎 伊佐美で 有名な伊佐市 曽木の滝の近くで見られます。 ただし、梅雨に入ると見れ
秋の曽木の滝: 旅大好き
http://ogozyo.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-d4c9.html
2008年11月27日 曽木水力発電所があった時の水路跡だそうです。 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。 sign05 曽木発電所の歴史 sign05 (パンフレット引用) 曽木第1発電所は明治40年に 完成。 明治42年には曽木第2発電所が完成したので第1発電所は閉鎖
東洋のナイアガラ 曽木の滝と、曽木発電所取水口跡と ~鹿児島市伊佐
http://blogs.yahoo.co.jp/hsnm3373/32743234.html
2007年10月14日 その後、第二発電所用水路を北側に造り、曽木の滝1.5km下流に明治42年(1909)10 月、発電機1機での第二発電所が送電を開始、翌年10月残りの3機の送電も行われ、 発電量約6360キロワットの第二発電所が完成しました。 ここから、
第二曽木発電所跡 - ほにゃま~れの一寸そこまで - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kometrennsport/18452201.html
2007年11月14日 曽木の滝から川内川を下ること約1.5km。鶴田ダムの湖面に煉瓦造の建物が忽然と 現われます。 明治42年(1909年)に建設された第二曽木発電所の遺構です。 今回の 鹿児島行はこれが楽しみだったんですよねぇ~. イメージ 2. この発電
曽木発電所遺構 - Blowinthewind.net
http://blowinthewind.net/haikyo/sogi/sogi.htm
廃墟の風景. 曽木発電所遺構, 09/7/9 K10D *istD. 曽木の滝の上流にかかる橋から 南岸を西へ1.5kmほど行くと見学者用の駐車場があり、遊歩道を5分ほど歩けば展望所 に着く。 展望所周辺の木が伸びていて、すっきり見えないのが惜しい。 曽木発電所は、  
REPORT - 174 曽木発電所跡|6Frogs - 行ってみたら凄かった。 廃墟
http://ameblo.jp/6blogs/entry-11206545203.html
REPORT - 174 │ 曽木発電所跡- 鹿児島県 │ 曽木発電所跡(曾木発電所跡) 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 曽木発電所跡 九州の極上有名遺構物件、鹿児島県に残る. REPORT - 092 │ 矢納水力発電所跡