入谷集落 概要・歴史

霊仙(りょうぜん)入谷(にゅうだに)集落は、滋賀県犬上郡多賀町霊仙にある過疎集落。

冬季無人集落の状態にある。

状態
2019年02月25日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

入谷集落 住所

滋賀県犬上郡多賀町霊仙

入谷集落 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

入谷集落 ストリートビュー・空中写真

入谷集落 ブログ・リポート

REPORT - 025 霊仙廃集落群・入谷集落跡|6Frogs - 毎日をデザインで
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10559447986.html
6Frogsの6Frogs - 毎日をデザインで考えるの記事、REPORT - 025 │ 霊仙廃集落群・入谷集落跡です。
湖国の山の廃村と過疎集落群 その3
http://www.din.or.jp/~heyaneko/shiga3.html
湖国の山の廃村と過疎集落群 その3 滋賀県多賀町霊仙入谷,霊仙落合, 7/21/ 2000 多賀町霊仙入谷,霊仙落合,彦根市男鬼,武奈,多賀町甲頭倉,向之倉. # 9-21: 五僧を出たのが午後2時。回った集落が四つに対して,回りたい集落はあと八つ。どう 考え
湖国の山の廃村と過疎集落群 その3
http://heyaneko.web.fc2.com/shiga3.html
武奈にはまったく人の気配はなく,廃村とも過疎集落とも区別ができません。西陽が だいだい色に照りつけて,頭がクラクラしてきました。 後で調べたところ,男鬼と武奈の 間を少し入ったところに,明幸という小さな集落があることがわかったのですが,男鬼と 武奈
セロー寄り道日記:多賀周辺 林道廃村めぐり
http://serow353.naturum.ne.jp/e1640164.html
こんな道へ入り込んで行き止りだったり(これはこれで楽しんでました) お気に入りの権現谷林道は5度目の訪問 廃村も一通り回ってきた。 五僧、霊仙落合、入谷、屏風、後谷、保月、杉、写真は一部のみ掲載。 <入谷>激坂もセローなら楽々 
滋賀の廃墟@多賀町入谷 - スポンサー広告滋賀の廃墟
http://ug4haikyo.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
非常に美しい山村。廃村と書いたが、厳密には昔の住民の出入りもある。掃除などもされているので潜入などせずに静かに楽しみたい場所。村の入り口にある物置小屋と木々のコントラストはとても美しく思わず息を呑む。村を歩いているだけで、木の匂いが優しく漂う幽景の地。山の中腹
827 高取山.比婆之山.イワス.イブキ縦走
http://doratomo.jp/~jionusagi/repo1304/hibanoyama.html
2013年4月20日 様子がわからない 下の霊仙の登山口の落合までの道なら通れるので 落合手前の入谷集落から登って 高取山~イブキまで縦走しましょう! 廃村、、ですが、、植林は手入れされて、しいたけも栽培されていて、ときどき人は来るようですね
霊仙入谷 8 多賀通村 2013/11/02 その15( 鉄道、列車 ) - スーパーカブ漫遊記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/supopopo_pop/34435587.html
せっかくなので村の最上部の奥にある林道にも少しだけ入ってみましょう。どんどん鳥居が遠くなっていきます。林道は村を横切るように山奥に続いていました。ここらにポカンと座って村を眺めると景色が素晴らしいのですが、蛭が来るので長居が出来ないのが残念です。村の最上部に戻
入谷集落 - ユウジのTEAM原付活動日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/team_kokudo_yuji/27638776.html
こっちは手前の入谷集落。林業の方がちらほらいましたが、山の斜面に点在する家がよい雰囲気。定期的に人が入っているので綺麗なもんですね。建物がなくなった空き地には五右衛門風呂の跡が残っていたりします。坂道を結構登るので汗だくになりました。
滋賀県廃村ツアー(1)【廃村】(入谷〜落合) - 写遊百珍
http://mareosiev.hatenablog.com/entry/20101229/1345271070
だが「多賀町大字霊仙入谷」と書かれている。(ちなみに「りょうぜんにゅうだに」と読むらしい)落合はもっと奥、「落合神社」のあるあたりの集落だろう。詳しい周辺調査まではしていなかったが・・・露に照らされて光を帯びる。かまど?焼却炉?概ね外観が保たれているものの部分
滋賀県多賀町 霊仙入谷(りょうぜんにゅうだに)集落 - 愛しき
http://blog.goo.ne.jp/pzm4366/e/a261b8ab92ce1e8caa9a99e1fca9205d
前回紹介の霊仙落合集落より少し手前のの谷を遡った斜面にへばりつく山間集落。 殆平地らしい土地がが無いため急斜面の山肌に必死にしがみ付いているように見えるが、その殆が廃家化しており、ここも冬季廃村状態の集落です。
廃村探訪・・・その4【多賀・大字霊仙(霊仙入谷
http://d.hatena.ne.jp/general_commander/20110531/1306861453
廃村探訪・・・その4【多賀・大字霊仙(霊仙入谷)】 廃村 久しぶりの廃村シリーズをお届けします。以前の記事で「霊仙入谷」集落を少しだけ ご紹介しました。入口付近の威圧感のために踏み込むのを躊躇していましたが、先日
湖東廃村群に訪問2
https://blogs.yahoo.co.jp/mtstone999/55908828.html
いまさら湖東とは琵琶湖の東、鈴鹿山脈あたりのことですつづきの始まりです地蔵峠の祠にお供えです、島津の方々は決して忘れておりません、チェスト保月集落、朽ち果てた家
限界集落から廃村への秘境ツーリング | オヤジどもよ目覚めよ 第2章
http://oyajidomoyo.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
秘境の地 霊仙山地区伊吹山の南方にそびえる霊仙山、あまりメジャーではありませんが冬場の白山にも似た威厳を放つ神々しい山であります。比較的標

ピックアップ廃墟