向之倉(むかいのくら)集落は、滋賀県犬上郡多賀町にある廃村。 かつては製炭業を営んでいたが、炭需...

向之倉集落

向之倉集落 概要・歴史

向之倉(むかいのくら)集落は、滋賀県犬上郡多賀町にある廃村。 かつては製炭業を営んでいたが、炭需...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

向之倉集落 ストリートビュー・空中写真

向之倉集落 関連ブログ・参考リンク

http://ameblo.jp/6blogs/entry-10898417773.html
2011年5月21日 REPORT - 098 │ 霊仙廃集落群・向之倉集落跡. テーマ:・REPORT ・ 6Frogs - 毎日 をデザインで考える-霊仙 廃村 集落 向之倉. 滋賀県│向之倉廃集落. 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 073 霊仙廃集落群 - 向之倉集落跡
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/34643897.html
2008年1月15日 今回ご紹介するのは、滋賀県のとある山奥にある廃村・向之倉。 この周辺には他にも廃 村や限界集落などがあるようなのですが、時間もあまり無い為に一番有名な. 向之倉を お陰様で、廃墟・廃屋写真ランキングで上位をキープしております
http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/haison_all/t_kounokura/hai_t_kounokura.html
2004年12月撮影しかし今はもう完全な廃墟と化している。屋根は崩れ、壁が落ち、人 向之
http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/haison_all/t_kounokura/xyz_hai_t_kounokura.html
U.今畑 この『向之倉』、現在は多賀町に属しているが、明治22年から昭和16年まで は、水谷、屏風、後谷、甲頭倉、桃原、河内、霊仙など 2004年12月撮影しかし今は もう完全な廃墟と化している。 今でこそ車が通ることのできる立派な林道(舗装路)が 、芹川沿いに走る道から集落までつけられているが、それは廃村となった後につけられ
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-86.html
2009年7月26日 7/25、滋賀県犬上郡、鈴鹿山にある廃村。 「向之倉(むかいのくら)」と「杉」「保月」「五僧」 の三集落からなる「脇ヶ畑村」に行って来ました。 今回の日記では「向之倉」探訪 について書きます。 山深い集落「向之倉」は、 炭焼きで生計を立てていた
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/shiga/aero/taga/mukainokura.htm
昭和50年頃の向之倉集落です。 炭焼き村でしたが、エネルギー革命に伴い、廃村化 しました。 この頃は、すいぶんとたくさんの家が残っていましたが、. 廃村化してから、 毎年、雪で潰れる家屋が後を絶たず、. 現在は3軒ほどが辛うじて原型を留めているだけ に
http://homepage3.nifty.com/ibnzeidoun/arboles/page/061_ido.htm
向之倉集落は廃村だそうですが、目指すカツラはそこにありました。杉木立の中、小さな 神社の鳥居の後ろ。大野瀬の子持桂と同様に、根元にはしっかり水がありました。▲秋 の日に再訪。入口にあった廃屋が取り壊されていました。カツラはひっそりと黄葉し、眠り
http://www.cty-net.ne.jp/~toyo-k/kyoboku/katura/ido.htm
カツラ (向之倉). ← →. 廃村になって久しい向之倉集落の神社境内にある。以下の文は 境内の看板より書き写す。 所在地 犬上郡多賀町大字向之倉字東反尻63番地. 幹周 11.6m 樹高 39m 樹齢(推定) 約400年. 指定理由 この樹木は井戸神社(多賀
http://anshade.zone.ne.jp/sawanavi/2007/echigatani/echigatani.htm
2007年5月27日 向ノ倉】 12:50(今は廃村、井戸神社の大カツラは必見) 【駐車地】 13:20( ヒルチェーック!3匹ゲットv). ポイント. 【★★☆☆☆(沢1級)】 概ね伏流のゴーロと枯滝 で問題となる箇所は無い、最初の10M滝は右手から巻くが中盤と後半にある
http://netishim.seesaa.net/article/382698826.html
2013年12月14日 廃村 向之倉,三重県、滋賀県 界隈をうろうろしています。 登里橋梁 向太郎川橋梁 煉瓦橋梁 ・ 小田原川橋梁 ・ 金木戸森林軌道~北ノ俣分岐 ・ 金木戸森林軌道~双六川ダム 久瀬ダム横の廃吊り橋跡 ・ 飛騨大鍾乳洞 ・ 佐和山遊園
http://kagy592.blog81.fc2.com/blog-entry-22.html
近江輿地志略」(1734年著)には向之倉村(ひかひのくら) 桃原村を東北にある村なり。畑なり。と記載角川日本地名大辞典(1979年著) 芹川上流南岸、標高300m余のカルスト山腹にある。 昭和45年廃村になる。 向之倉の集落2 (向之倉 
http://tamanihitokoto.blog87.fc2.com/blog-entry-202.html
鈴鹿の廃村『向之倉』にて思うこと~. 久しぶりに訪れた芹谷の集落『向之倉』。人が住まなくなって40年が過ぎようとするこの鈴鹿の中腹にある集落跡も、流れゆく年月とともに家屋たちが次々と崩壊し、ついにあと1軒を残すのみとなっている。
http://www.tomboy-urbex.com/mukainokura-ghost-village/
向之倉は滋賀県の山の中にある廃村です。数年前までは多くの日本家屋が残る廃村でしたが、私たちが行ったときには、ほとんどの建物が自然の力によって崩れていました。
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.mk1.htm
向之倉の廃集落滋賀県の山奥にある廃村。製炭業を生業としていた村である。廃村になった時期はよく分からないが、昭和40年代か?この辺りは廃集落が多いが、もしかしたら残ってる家屋はここが一番少ないかもしれない。近くにある甲頭倉とまとめて紹介する。道中にあるバスの廃車
http://black.ap.teacup.com/purelove/338.html
滋賀の廃村、向之倉。村の入り口に古びた案内板があります。なんか暖かい感じのする廃村でしたね。さすがに現代でこういうところに住むのは不便ですが、昔は自給自足が基本でしたので、山奥でも全然問題なかったんでしょうね~
http://blogs.yahoo.co.jp/supopopo_pop/34157952.html
・・・やっとの思いで杉坂峠を降りてきて県道17号線を走ります。しばらく進んで空き地の先を見てみると・・・草むらの中にポツンと何かがあります。面白そうなので近寄ってみることにします。なぜか列車の車両が置いてありました。そういえばちょっと前にはここらあたりにバスも
http://blog.olp.yahoo.co.jp/archives/20121101_haison2_2.html
2012年11月1日 さて、廃村落合をあとに、今回最後の廃村・向之倉に向かいます。 河内風穴のある河内集落を通過して10分ほど戻り、左手の権現谷にかかる橋を渡って山腹の道を車で登っていきますが、ここは落石もあり気の抜けない道です。標高差300mツ黴
http://blog.livedoor.jp/tanjo0711/archives/28203896.html
今日廃墟マニアの友人と合同で滋賀県犬上郡多賀町にある廃村・「向之倉」探索しに行きました。友人は廃墟の写真を撮りに、私は廃村の当時の飲料事情を調べに行きました。廃墟や廃村などは、廃れた時点で時が止まっているので、当時の状況・(生活感)などを伺い知ることができ、大
http://moudou.hatagashira.com/moudou/motercycle/kdx/kdx_touring_report/20090504_kdx_taga/20090504-03_kdx_taga03/20090504-03_kdx_taga03.html
ゴールデンウィーク6日目。思い立って以前から興味を惹かれていた滋賀県多賀町周辺の廃村へ行ってみることにした。霊仙山の滋賀県側、多賀町(一部彦根市)には比較的狭い範囲に廃村が集中しているのである。そして、どの村も
向之倉集落 関連ワード
  • 場所