ほととぎす旅館は、大阪府阪南市にある廃旅館。「山中渓廃墟旅館」「H旅館」「HT旅館」「httgs」等と紹....

ほととぎす旅館

ほととぎす旅館 概要・歴史

ほととぎす旅館は、大阪府阪南市にある廃旅館。「山中渓廃墟旅館」「H旅館」「HT旅館」「httgs」等と紹....

ほととぎす旅館 画像

封鎖され厳重に管理されている
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
ほととぎす旅館
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
蔦が繁茂している
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
庭園跡
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
庭園跡
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
奥手の建築物
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
吊橋跡
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

ほととぎす旅館 ストリートビュー・空中写真

ほととぎす旅館 関連ブログ・参考リンク

http://www.tomboy-urbex.com/a-deserted-hototogisu-inn/
http://chariot666.blog119.fc2.com/blog-entry-288.html
2008年9月17日 2008年9月15日、3つの廃墟を探索するため大阪と和歌山の県境へ向かいました。 1 つは大榮閣、1つは倉谷温泉。そしてこのほととぎす旅館です。 残念ながら前者2つは 入る事ができませんでしたorz 家を出てから3時間ほどで県道64号線
http://chariot666.blog119.fc2.com/blog-entry-300.html
帰宅してからほととぎす旅館の見所が第2浴場だと思い出したときはヘコみましたが(ぁ いつか再来するのでその時まで楽しみにしておきます。 以下、おまけ等。 2回目の廃墟探索レポートでしたがいかがだったでしょうか? gdgdで稚拙な文章とへっ
http://chariot666.blog119.fc2.com/blog-entry-290.html
廃墟探索したりツーリングしたり写真撮ったり猫を愛でたり歌をうたったりそういうのが 好きです。 更新率最低← 初めましての方 緑字・・・『おそらく』現存する廃墟白字・・・ 解体確認済み廃墟となっています。 ●笠置観光ホテル ほととぎす旅館①, 2008-09- 19
http://blogs.yahoo.co.jp/makichan8838/24670331.html
2009年12月19日 山中渓は廃墟ほととぎすのある駅です。前に1回 ホトトギスほ聞いたことあります★ でも、今回は廃墟というよりは桜を撮りに行ったんですね~^^桜はメッチャ綺麗ですね☆ 屋台とか 以前はホームからもウグイスの声がよく耳に入りましたよ
http://www37.atwiki.jp/vip-shinrei/pages/248.html
廃旅館ほととぎす - 廃旅館ほととぎす地図 大きな地図で見る 構造 本館、別館、離れ( 既に半壊)、浴場と分かれている。 どちらが本館か別館かは不明。本稿では 象の像 ◇Nap/gUKt9E 八尾の廃墟、名神沿いの細道. 2009-02-12. 廃旅館ほととぎす ・ 携行
http://soukublog.blog113.fc2.com/blog-entry-687.html
JR阪和線、山中渓駅のまわりは和泉の山々に囲まれ、大阪の賑わいからは離れた、少し閑寂とした雰囲気のある田舎になります。ここから少し南を向いて行けばすぐに和歌山県に入ってしまう、そんな県境の旅風情を漂わせるホームに降り立ちました。この山中渓駅の周辺にはかつて紀州
http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/hototogisuryokan.html
まぁ、管理人はそんなことしませんよ・・・ 皆様の期待に応えられず申し訳ございません。 もういい歳なんで(汗)。 こちらは、ほととぎす旅館を遠巻きから撮影した一枚です。 どこにも進入禁止の策が施された様子はありません。 一見、完全放置プレイされた廃墟 の
http://kpaper12.blog13.fc2.com/blog-entry-81.html
阪和線、大阪府内のJR線で唯一の無人駅、山中渓駅。桜が咲く春の季節には賑わいを見せるこの町。山中渓温泉でも有名だったが今は全てが廃業している。その中で5つあった旅館の中で、廃墟として残ってる駅から約3分ほど歩いたところに川を挟んだ奥に建つ建物「ほととぎす旅館」
http://puripou.blog57.fc2.com/blog-entry-95.html
廃墟心霊スポットのホトトギス旅館. 結局滝畑トンネルのビデオには何も写っていませんでした。 帰ってから即ビデオを確認するのも楽しみですよね(え家に着いたのが深夜4時だったので怪盗さんは泊まる事に。 起きたのは昼の1時過ぎでもさも 
http://syoukanosora.blog42.fc2.com/blog-entry-448.html
とまあ、虫の爆撃を回避しつつ、最後の物件である廃旅館「ほととぎす」に到着。大阪ではそれなりに有名です。有名な割に微妙でしたが(;・∀・)こじゃれた門が出迎え。これにも芋虫の爆撃がありましたが・・・。元吊り橋。川の向こう側の建物はほぼ全壊していて見ることは不可能
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-274.html
宛てもなく彷徨っていた。手がかりもなく探し続けたあなたがくれた思い出を心を癒す詩にして約束もすることもなく交わす言葉を決めたりもせず
http://theoccultinruins.blog.jp/archives/35971231.html
最近はリベンジ篇ばかりですみません。今回はホトトギス旅館のリベンジです約一年ぶりのホトトギスです前回のホトトギスの訪問記事はこちら僕の撮影技術を照らし合わせてご覧くださいw(自分自身では結構上手くなったと思っております)水車椅子
http://theoccultinruins.blog.jp/archives/22267605.html
えーまぁホトトギスと首吊り廃墟に行ってきたわけですけど今回は5人が揃いメンバー全員で凸に成功しました!!!まずは、ホトトギスを紹介します京橋にて合流後、天王寺駅まで行きましたそして天王寺から山中渓駅まで1時間....ヤバいしんどいでも、結構雑談してると早いです
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.hryokan.htm
廃業した時期は不明。ネットを見ると、ここが昔は温泉街であり、何軒かの旅館があったらしいことが分かる。しかし現在ではそんな雰囲気は全くなく(確かに景色はいいが)あるのはこの廃墟くらいか?まあ別に現役の旅館を求めて行っているわけじゃないのでいいんだけどNE橋を渡る
http://ruins-and-occults-were-found-in-thatday.blog.jp/archives/32345108.html
ほととぎす旅館に行ってまいりましたJR阪和線の山中渓って駅で降りるんですけど、すごく遠かったです(天王寺から一時間くらいそれとものすごく暑かった駅から降りてちょっと歩いたところから駅を撮った写真駅から降りて川沿いにちょっと進むと橋があるのでそれを渡ると、駐車場
http://tomhet.doorblog.jp/archives/30557846.html
渓に嘗て複数在った温泉は現在全て廃業し、一つ残存する其の遺物。渓を走る線路と川の狭間で豊かな自然に囲まれて旧き情緒を漂わせ、朽ちても尚、風雅な貫禄残して静かに鎮座し続ける妙なる異形。其の美しき廃墟は「ほとゝぎす旅館」、貴き廃旅館である。
http://haiaikoujin.sakura.ne.jp/hotel7.html
阪南市山中渓HT旅館(管理されています)管理物件ですが厳重な警戒という訳ではなく、短時間ですが写真を撮らせていただきました別館だそうです周りは住宅があるのと交番が近くにありますので長居は無用です道路側から階段が壊されているのと扉などは厳重なので入れません別館と
http://mahowdoyoulike.blog42.fc2.com/blog-entry-199.html
ほととぎすに行ってきましたよ~setteさんとの待ち合わせに30分遅れましたorz快速が来ない!!!!ということで駅に降りると・・・無人www乗り越しもわかんないwwしょうがなく1つ前の駅で降りて乗り換えた。着いてみると・・・な~んもない(´・ω・`)情報をも
http://kiteretsu-mystery.com/archives/24925133.html
山中渓 廃墟旅館ほととぎす【関西廃墟スポット】. 2013年03月24日. 人が旅館という場所に求めているのは単に施設性の部分にあるわけではなく、もっと精神的なもののほうが重要のように思われる。 たとえば慰安や、日常から離れた精神と魂の浮遊――.