鬼怒川温泉の廃観光道路

鬼怒川温泉の廃観光道路は、栃木県日光市鬼怒川温泉の鬼怒川有料道路のトンネル区間を通っていた道。

非常に狭い素堀り隧道などがある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鬼怒川温泉の廃観光道路 住所

栃木県日光市鬼怒川温泉大原

鬼怒川温泉の廃観光道路 種類

廃道

鬼怒川温泉の廃観光道路 画像

鬼怒川温泉の廃観光道路 写真・ブログ・リポート

鬼怒川温泉の廃観光道路 第1回
2008年1月1日 鬼怒川温泉の廃観光道路 第1回 東京の奥座敷」と呼ばれ、箱根と共に関東を代表 する温泉場である栃木県日光市の鬼怒川温泉。 そこに廃道が どうもその廃道の途中 には一本の隧道があるらしく、それより先は訳あって未調査だという。
鬼怒川温泉の廃観光道路 最終回
道路レポート 鬼怒川温泉の廃観光道路. このあと数百メートルほどで鬼怒川有料 道路に合流するはずだが、そこはどのような作りになっているのか。 それが、隧道を 実はこれ、廃道相手に何と大袈裟なのかと思うが、ジャンクションになっているのである 。
鬼怒川温泉の廃観光道路 第3回 - 山さ行がねが
正式な名前の分からないこの道を、表題の「鬼怒川温泉の廃観光道路」とした根拠は、 この一連の施設の存在によるところが大きい。 二つの階段歩道が 10人限定参加の オフ会で、ここに全員着席して“廃道焼き”でも食べようじゃないか。 なーに、トイレもすぐ
「鬼怒川温泉の廃観光道路」(第2回)
2007年12月7日 道路レポート 鬼怒川温泉の廃観光道路. こういった廃道における“素行調査”の最大の ポイントは、路傍の“証言者”たちの声をどれだけかき集められるかに在る。 たとえば、 この写真のような「意味不明の刻印」(LIF A I 5??)が入った標柱