ピッチャー(オクラホマ州)

ピッチャー(Picher)はアメリカ合衆国オクラホマ州北東部にあるゴーストタウン。

銅や亜鉛の鉱山に囲まれ、かつては鉱物資源取引の要衝だったが、1970年代には総ての鉱山が閉山し、更に長年にわたって堆積されてきた鉱山毒が問題となり、過疎化が進んだ。1996年にピッチャーの子供たちの34%が鉛に汚染されていることが分かり、後に強制立ち退きが執行されることになった。

2006年の調査では、ピッチャーの建物の86%が崩壊の危機にあった。2008年にはトルネードの被害を受け更に移住が加速された。2009年9月に町の自治体は活動を停止した。

2000年の調査では1640人の人口があったが、2010年には20人にまで減少していた。2011年の段階では、立ち退きを拒否している6家族のみが居住している。

建物は取壊しが決まっているが、ストリートビューからは荒廃した町の様子が確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ピッチャー(オクラホマ州) 国

アメリカ合衆国オクラホマ州

ピッチャー(オクラホマ州) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

ピッチャー(オクラホマ州) 画像

ピッチャー(オクラホマ州)

ピックアップ廃墟