金華山観光ホテルは、宮城県石巻市にあったホテル。牡鹿半島の突端付近に浮かぶ離島・金華山の西沿岸に....

金華山観光ホテル

金華山観光ホテル 概要・歴史

金華山観光ホテルは、宮城県石巻市にあったホテル。牡鹿半島の突端付近に浮かぶ離島・金華山の西沿岸に....

金華山観光ホテル 画像

金華山観光ホテル
©Departure
金華山観光ホテル
©Departure
金華山観光ホテル
©Departure
金華山観光ホテル
©Departure

近くのスポット

金華山観光ホテル ストリートビュー・空中写真

金華山観光ホテル 関連ブログ・参考リンク

http://www.kasako.com/1001haikyofoto.html
2010年1月23日 廃墟ホテル(金華山観光ホテル). かさこワールド 写真貸出について. 宮城県石巻駅から バスで1時間半。 牡鹿半島の鮎川港到着。 鮎川港から船20分で金華山へ。 神社とは 逆方向に歩き約15分ほどで到着する、素晴らしい廃墟。 離島ゆえ
http://yama-sone.at.webry.info/200611/article_4.html
2006年11月19日 と言う訳でギックリ腰状態で登った金華山の顛末記です。 金華山桟橋~黄金山神社 ~水神社~金華山~千畳敷~二ノ御殿鞍部~ホテル廃墟~金華山桟橋 金華山は 何て言われていて神社自体は観光地化された雰囲気は否めない。
http://earthjp.net/mercury/1012270009.html
の使いとされるシカが数多く生息するこの島に、一見モダンなホテルの廃墟がある。廃虚になって25年現在は、鹿の巣となり、今も静かに金華山の山腹に眠っている。
http://syoukanosora.blog42.fc2.com/blog-entry-275.html
宮城県石巻市は、金華山観光ホテルへ行くとき通りました。 海沿いに防風林が生えていて 自分達があの時冒険気分で尋ねた廃墟も、今はきっとなくなっているでしょう。 あの廃墟は自分達が最後の訪問者だったんだろうか。そう思うとあまりいい気分はしません。
http://haikeinostalgia.blog.fc2.com/blog-entry-175.html
2011年11月25日 Haikei Nostalgia -華咲枯美の廃墟寫眞- 関連記事. 咲いた、咲いたよ 昭和レトロ -金 華山観光ホテル03- (11/25); 震災前の女川町 -金華山観光ホテル02- (11/25) ・ 東北の 離島『金華山島』 -金華山観光ホテル01- (11/02). Category : 金
http://haikeinostalgia.blog.fc2.com/blog-entry-174.html
Haikei Nostalgia -華咲枯美の廃墟寫眞- 関連記事. 震災前の女川町 -金華山観光 ホテル02- (11/25); 東北の離島『金華山島』 -金華山観光ホテル01- (11/02). Category : 金華山観光ホテル. ▲PageTop. ホーム 洋語都々逸 -CADILLAC HOUSE01- ≫
http://syoukanokaze.blog97.fc2.com/blog-entry-30.html
この物語は、硝化の空マスター、嵐の平凡な廃墟旅を淡々と描くものです。 金華山 観光ホテル. Posted by 嵐 on 18.2010 未分類 0 comments. 金華山観光ホテル 行き先:宮城県金華山行動日:2010年7月10日車:ホンダ・オデッセイ人数:5人天気: 快晴
http://haikeinostalgia.blog.fc2.com/blog-entry-46.html
Haikei Nostalgia -華咲枯美の廃墟寫眞- この時、金華山に行く船に乗る為、女川町 を訪れています。 咲いた、咲いたよ 昭和レトロ -金華山観光ホテル03- (11/25) ・ 震災 前の女川町 -金華山観光ホテル02- (11/25); 東北の離島『金華山島』 -金華山観光
http://ameblo.jp/shiromaru8/entry-11528317698.html
東日本大震災を震源地に最も近い所で迎えた、金華山観光ホテルへ。美しい。それが私の第一声だった。島の高台に建つこのホテルは、津波の被害を免れていた。昭和レトロの宝庫であるこの廃ホテルは、強烈な震災に耐え、孤島の高台で静かに佇んでいた。
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.kh.htm
信仰を集める宮城県の島の一角に廃墟となったホテルがある。資料がないので詳しいことは分からないが、廃墟になったということは宿泊客がいなかったということだろう。ここもやはり、景色はいい。景色は。船を降りたら一直線に廃墟へ向かう。時間がないw本当なら神社に参ってから
http://ameblo.jp/grand-pulse/entry-11748778243.html
道が崩れていて歩くのが大変、とにかく時間がない暫く歩くと高台にその全貌が見えてきたレトロでおしゃれな形のホテル海を一望できる素晴らしい景観正面玄関ここでタイムリミット、中を見ることは出来ませんでした再びここにくることを誓い、鮎川港へ向かう
https://departure.amebaownd.com/posts/6630118
1970年頃まで営業していた。会議室や大広間を備え、客室は18部屋で70名まで収容可能。地下一階、地上二階の美しい建物が、牧歌的風景の中に残されている。建物が近づいてくる高揚感は格別。金華山島は鹿の生息地として知られている。観光客は山の神社へ向かい、自分は海岸
金華山観光ホテル 関連ワード
  • モデル
  • 建物
  • 白雲楼ホテル
  • 翠荘