沈堕発電所

沈堕発電所は、大分県豊後大野市清川町にある発電所跡。沈堕の滝の落差を利用した水力発電所だった。

豊後電気鉄道株式会社により明治42年に建設された。石造りの壁面が残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

沈堕発電所 住所

大分県豊後大野市清川町臼尾

沈堕発電所 種類

廃工場・発電所

沈堕発電所 画像

沈堕発電所 写真・ブログ・リポート

沈堕発電所跡
http://blowinthewind.net/haikyo/chinda/chinda.htm
廃墟の風景. 沈堕発電所跡. 09/10/24 EOS 40D/28-200 沈堕発電所の施設外壁と 水路跡。 沈堕の滝の水力を利用した沈堕発電所は、明治42年(1909)、別府~大 分間を走る電車の動力源を供給するために建設され、大分県の家庭用電力や産業開発 にも
沈堕発電所跡: ずっと大分が好きだ
http://sueyoshi-blog.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/canon-eos-kiss.html
2011年9月6日 沈堕発電所跡. 110827pawer_station01 Canon EOS Kiss X3 1/250sec F10 ISO100 EV0.0 18mm WB:Cloudy. 緑に囲まれ、川の流れしか聞こえない。 廃墟は 人目に付きにくく緑の中に埋もれている。百年以上前にはこの水力発電所から
沈堕の滝の復活と遺跡「発電所跡」 - 真名野長者伝説研究会 in 豊後大野
http://blogs.yahoo.co.jp/fumiyjt/61746457.html
2005年7月28日 滝の上流をせきとめて取水している沈堕発電所の水利権の更新を機に、九州電力が 地元の声にこたえダムの放水量を従来のゼロから一定量 この名瀑布の膨大な エネルギーは、明治時代末期に沈堕発電所の建設により電力に変えられた。
CD125Tで沈堕発電所跡ツーリング - ビギナーズ3D - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yuji3241/53405478.html
2005年7月28日 昨日は雨でしたが、今日は昼から天気が良くなるようでしたので、大分県豊後大野市の 沈堕(ちんだ)発電所跡に行って 沈堕滝です。 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/. 上部は取水のため人工的なダムになっています。 沈堕発電所跡です。
石造の廃墟。
http://minicoopers.blog47.fc2.com/blog-entry-978.html
先日 行った沈堕の滝の下流側に沈堕発電所跡。 使用カメラ:K-7+DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF] 建物内へ。 石組みのアーチ型の窓がしっかり残ってます。 感動。 丸い穴が見えます。 そこにパイプが繋がって水が流れて水力発電のタービンに。
沈堕の滝(大分県豊後大野市)
http://blogs.yahoo.co.jp/taka_otu/37565296.html
景色を台無しにする人工物 ととるかは、その人次第です。 ということで、人工物が入らないように思いっきり、アップして撮影。 観瀑台に続く遊歩道の途中には歴史的建造物「沈堕発電所」の廃墟が 「天空の城ラピュタ」に出てきそうな雰囲気を醸し出し
GW⑧ 沈堕の滝
http://blogs.yahoo.co.jp/kyu_chan79/53452695.html
高さ20mの懸崖を落下する雄滝と記されていました(あれ?雌滝はっ?) 帰りも廃墟の間を通ります。 実はこの廃墟、 明治時代末期に建設された「沈堕発電所」だそうです。 この瀑布の莫大なエネルギーにより、 別府-大分間の電車を走らせ
沈堕発電所跡
http://www.geocities.jp/purelove_haikyo/haikyo05/tinda01.htm
ここは深夜に到着しました。とにかくひとめ見ようと建物に近づきます…
沈堕の滝発電所跡 : 電子廃景
http://d-landscape.blog.jp/archives/1010140788.html
発電所跡と言っても残っているのは構造体だけとなってしまった「沈堕の滝発電所跡」訪れたのは紅葉も終わり始めとなった秋過ぎの頃でした。発電用の水車と発電機を設置していた場所は壁だけを残した状態となっている
廃虚&近代遺産(豊後の地で古代遺跡と出合う):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2007-04-15
大分県は豊後大野市に東洋のナイアガラといわれる沈堕(ちんだ)ダムと、その滝がある。そのダムから下流に少し下ったところにまるで古代遺跡のようにたたずむ沈堕発電所跡が見ることができる。川の斜面に張り付くようにその発電所はあります。山の中ですが駐車場もあって滝やこの
不肖 廃墟太郎の廃墟狂時代 石の記憶 沈堕発電所
http://pantani1966.blog92.fc2.com/blog-entry-3.html
室町時代の画家雪舟は、この地で「鎮田瀑図」を描いた。その後、明治に大分-別府間を走る電力源として、豊後電気鉄道が発電所を建設した。現在、石積みの発電所は外壁だけを残す。
大分 沈堕発電所跡 - 『廃美』
http://rinblog923.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
沈堕の滝の水力を利用した沈堕発電所は、明治42年(1909)、別府~大分間を走る電車の動力源を供給するために建設され、大分県の家庭用電力や産業開発にも貢献した。大正12年(1937)に下流に新沈堕発電所ができ、その役割を終えた。沈堕の滝は圧巻のスケール。さすが
廃箱 | 沈堕発電所跡 -Chinda Power Plant Ruins-
http://matorokka.tumblr.com/post/70073463627/%E6%B2%88%E5%A0%95%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E8%B7%A1-chinda-power-plant-ruins
石組みの壁と柱が遺跡のように残る発電所跡。沈堕発電所 大分~別府間を走る別大線の動力源として豊後電気鉄道会社が1909年に建設した水力発電所。 当時は家庭用電力はもとより大分県の産業開発の原動力ともなったそうです。

沈堕発電所 キーワード

利用 5.5m 雌 豊後大野市 矢田川 懸る 建設 幅 大野川水系大野川 大野川 大分県 ダム 九州電力 加藤 高さ 取水 合流点 滝 発電所 図 田