シカゴ・スパイア

基礎しか作られなかった世界一高いビル

シカゴ・スパイア(Chicago Spire)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴの建設が中止された超高層ビル。当初はフォーダム・スパイア(Fordham Spire)とも呼ばれていた。2005年、フォーダム社(Fordham Company)のクリストファー・カーリーが計画を発表し、シカゴ市当局の支援も得られたが、資金繰りに失敗、Shelbourne Development Groupのギャレット・ケレハーが事業を継承した。そのため、3回の設計変更が行われた。2007年6月に建設が始まったが、世界金融危機を受けて2008年に中断した後、2010年に計画が取り消された。設計はスペインのサンティアゴ・カラトラバ。カラトラバに設計費が支払われていないことから、カラトラバの担保物権になっている。

現在でも、航空写真から巨大な基礎工事跡を見ることができる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

シカゴ・スパイア 国

アメリカ合衆国イリノイ州

シカゴ・スパイア 種類

その他・廃墟一般

シカゴ・スパイア 画像

シカゴ・スパイア 写真・ブログ・リポート

シカゴ・スパイアその1|廃墟二番煎じ
http://nibansenji.com/world/spire1.html
シカゴ・スパイアその1高層ビルがひしめくシカゴのダウンタウンを歩く。オフィスの立ち並ぶ、いわゆるベイエリアの一等地だ。その一角、オシャレなオープンテラスのカフェの向こう側に少々奇妙なスペースがあることに気がつく。CASEFOUNDATION?居並ぶビル群の中で