男塾(日本善行会青少年研修所) 概要・歴史

男塾は、千葉県銚子市にあった廃屋の通称。犬吠埼灯台のすぐそばに位置する。

1967(昭和42)年4月に開設。

木造二階建ての小規模建築である。

1980(昭和55)年9月に閉鎖。

その後放置され、海際という立地もあり潮風により急速に劣化が進み、朽ちた状態となり廃墟化した。

剣道具などが残っていたことから「男塾」の通称が付けられ、その正体について「陸上自衛隊の宿舎跡」「政治家を育てる分校」などの噂もあったが、実際は日本善行会の青少年研修所(東京政経塾犬吠崎分校)であった。

日本善行会(にほんぜんこうかい)とは、主にボランティア活動等の支援や推進、表彰事業を実施している社団法人である。

廃墟として1990年頃からよく知られた存在となり、2012年頃までは残存したが、2015年までに解体。

末期には一階は骨組みだけで、半壊状態となっていた。

石碑のみが残っている。

状態
解体され現存していません
2011年09月15日作成  2019年06月03日更新

男塾(日本善行会青少年研修所) 住所

千葉県銚子市犬吠埼

男塾(日本善行会青少年研修所) 種類

その他・廃墟一般

この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

男塾(日本善行会青少年研修所) ストリートビュー・空中写真

男塾(日本善行会青少年研修所) 関連ブログ・参考リンク

男塾(1)
男塾(1)▲ 404?
http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/otokojuku1.html
千葉県銚子の有名な観光地「犬吠崎」にある灯台の下方にひっそり佇む不気味な廃墟 がある。 正式名称は「青少年の家」という子供達のために建てられた研修施設であった が、昭和55年頃に閉鎖され現在にいたる。 現在では、通称「男塾」と呼ばれている地元
REPORT - 176 日本善行会青少年研修所|6Frogs - 行ってみたら
http://ameblo.jp/6blogs/entry-11220090509.html
2009年5月9日 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 129 日本善行会青少年研修所( 東京政経塾犬吠分校/男塾). ルックルックあにょんはせよ. 千葉県の東端、銚子犬吠崎 。風景は勿論の事、この場所は温泉も在り、昔より観光地として沢山の
犬吠埼の廃墟(通称:男塾) 探索レポート | Ruin's Cat -郷愁的廃墟写真-
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
[廃墟] ブログ村キーワード探索年月日:2008年5月6日「銚子に廃墟があるらしい」という友人からの情報を得て、その友人を案内役に、バイクに二人乗りして銚子市までやってきた。犬吠埼の北側の浜へと降り立つ。5月ではあるが、波打ち際 
銚子ツーリング - 夢々と嫁とカネマン - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/senior8691ishizouhalf/9928466.html
そして楽しみに、していた犬吠崎の灯台へ. こんな写真なんで分かりませんが. しんのすけさんとHIROさんは上に居ます。 自分とBurubonさんは下で待っていました。 イメージ 5. 心霊スポット男塾へ。 噂どうり取り壊されていました。。。 結講、楽しみにしていたんですけど. この石碑の左側に廃墟があ...
路地裏:戦慄の心霊スポット:千葉県2
http://www.roji-ura.com/spot/spot_chiba2.html
しかし、それ以上にこの犬吠埼を心霊スポットとして印象付けさせているのは、通称「男塾」と呼ばれている廃墟の存在ではなかろうか。子供たちの為に建てられた施設であったのだが、昭和55年に閉鎖。以降より次第に荒れはじめ、やがて一部に非常に有名な 
【廃墟】通称・男塾|廃墟に魅せられて
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10428698359.html
東京政経塾の分校だったとかいう養成所の廃墟です。でも、実際はどうなんでしょうね…壁ないし(笑)内部。何もないです。ボロボロです反対側の部屋は暗いです。裏側。この建物、ワンコが住んでます。可愛いのに懐いてません~ヨシヨシしたかったなぁ
男塾
http://mindtravel.web.fc2.com/tiba/ti-a2.html
2009/冬訪問男塾人っ子一人居ない冬の浜辺に佇む、正体不明の廃墟。いったい誰が何の目的で建てた建物なのか…。浜風をダイレクトに受け止めた結果、此のような姿に。今後いつまで其の姿を保つ事が出来るのだろう。内部も外観に負けず劣らずの廃墟っぷり。狭い廊下の左側に、
▲ 404?
http://homepage1.nifty.com/noranyan/haikyo/inubou.html
社員寮?・東京政経塾犬吠崎分校その建物は灯台から階段を降りたところに建っている。入口の前にある石碑は大正年間にこの海で高波に呑まれ、互いに助けようとしつつ水死した二人の青年を悼む顔写真入りの碑である。この地方独特の切り立った崖と海岸の間の、わずかな平地を利用し

ピックアップ廃墟