小仏峠の茶屋

小仏峠(こぼとけとうげ)は東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区の間にある峠。標高560m。

二軒の茶屋が廃墟となっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

小仏峠の茶屋 住所

東京都八王子市裏高尾町

小仏峠の茶屋 種類

飲食店・ドライブイン

小仏峠の茶屋 画像

小仏峠の茶屋 写真・ブログ・リポート

甲州道中~小仏~
東海道では箱根と鈴鹿峠が、中山道では、碓氷峠、和田峠、鳥居峠が山登り。 山好きな 我々が、楽しみにしていた小仏峠 . 昔は大勢にハイカーで賑わったのでしょう、大きな 茶屋が二軒、今では無人で廃墟の様相です。 道はその廃墟の中を進む、出ると左側に
07年12月の自己満足通信
小仏城山山頂の「城山茶屋」にて、近くの沢の水を使ったしょうゆ味のなめこ汁。 小仏 から小仏峠までの道中、湧き水をくめるスポットがあったので用意してた水筒に入れる。 事前に調べていたから 左上:お茶屋さんは2件あったがどちらも廃墟と化していた。
駒木野宿(高尾駅)~小仏峠~吉野宿~和田峠(Option)~高尾駅 2005
思わず逃げました。 いよいよ、小仏峠に突入です。 なかなか道が広くて、自転車で 行けるかも・・・。 と、思ったのも束の間。 押しが入りました。 とても、自転車に乗れるよう な所では、ありません。 やっとの思いで、峠に到着。 峠の茶屋は、廃墟となっていました 。
小仏峠近くの廃墟と化した茶屋を通る 高尾山から相模湖へ その5 | とくと
2010年11月26日 11月13日。 紅葉の高尾山に行ってきました。 高尾山から小仏城山、そして相模湖に 抜けるというコースをとる予定です。 小仏城山でお昼休憩をしたあと、小仏峠と下っていく ことになるのですが、その途中に茶屋跡がありました。
小仏峠の廃墟と地図屋(東京都八王子市) 放浪者の平日/ウェブリブログ
なんとも寂れた廃墟の峠と化していたのです。↓は、峠から城山側(高尾山側)に、急な階段を少しばかり登った所にあった売店です。かつての峠越えルートからは外れていますから、ハイカー相手の店だったのでしょう。なんとも痛々しいタタズマイで、、、ついつい目をそむけたくなる
春の冬そば・高尾山【2】高尾山~小仏峠 放浪者の平日/ウェブリブログ
2014年4月1日 鉄道の小仏トンネルが開通したのが1901年(明治34年)だそうです。 ミシュランの影響もココまでは及ばず、、、、トイレすらありませんのでご注意を。 かつては存在した峠の茶屋(売店)は、廃墟となっていました。。 画像. ↓は、小仏峠から、 
徒骨亭日記 雪が降った翌日、奥高尾を歩いてみた。
2015年2月11日 甘酒を飲みながら茶屋のご主人と猫の話をしました。 小仏峠に下る途中、茶屋の廃墟跡。 くつろいでいるところを邪魔したくありませんので、北高尾山稜方面へちょっと行った先にある小ピークまでやって来て430MHz帯の呼び出し周波数を