日本煉瓦製造ホフマン輪窯六号窯 概要・歴史

日本煉瓦製造(にほんれんがせいぞう)は埼玉県深谷市にあった煉瓦製造工場。

明治政府の意向を受けて1888(明治21)年に操業開始。

製造された煉瓦は、東京駅丸ノ内本屋や旧東宮御所(現迎賓館赤坂離宮)などに使用されている。

外国産煉瓦の流入などにより2006(平成18)年6月29日に操業停止した。

工場の一部として「ホフマン輪窯六号窯」「旧事務所」「旧変電室」が残り、専用線であった「備前渠鉄橋」とともに1997(平成9)年5月に国重要文化財に指定されている。

状態
2011年09月15日 作成
2019年09月04日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

日本煉瓦製造ホフマン輪窯六号窯 住所

埼玉県深谷市新井

日本煉瓦製造ホフマン輪窯六号窯 種類

廃工場・発電所

日本煉瓦製造ホフマン輪窯六号窯 画像・写真

ホフマン輪窯六号窯(2012年8月)
ホフマン輪窯六号窯(2012年8月)
ホフマン輪窯六号窯内部(2015年11月)
ホフマン輪窯六号窯内部(2015年11月)

日本煉瓦製造ホフマン輪窯六号窯 ストリートビュー・空中写真

日本煉瓦製造ホフマン輪窯六号窯 関連ブログ・参考リンク

日本煉瓦製造(れんが、レンガ)そして銀座の誕生
http://www.tanken.com/renga.html
2009年3月28日 これを受けて、明治20年(1887)、渋沢栄一や三井物産の益田孝らによって日本煉瓦 製造が設立されました。そしてその工場 日本煉瓦製造の旧事務所(重要文化財). 日本煉瓦製造 中川煉瓦製造所(滋賀県近江八幡市) 経産省は2007
日本煉瓦製造株式会社旧煉瓦製造施設旧変電所 - Isidora's Page
http://isidora.sakura.ne.jp/aries/ken132.html
これも、廃墟ではない! . 日本煉瓦製造株式会社旧煉瓦製造施設旧変電所□ 2005 年11月27日 記念すべき日本煉瓦製造の事務所が、娘の希望により煉瓦構造で 建てることが出来なかったので(いや、そうと決まったわけではありませんが/笑)、 せめて
くろべぇの廃墟 : 日本煉瓦製造株式会社関連施設 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/3573653.html
2010年10月31日 ここで作られた煉瓦は東京駅を初めとし、日銀、碓氷峠の鉄道施設など多くの建築に使われ、日本の発展に貢献してきた。 元は煉瓦製造指導にやってきたドイツ人技師、ナスチェンテス・チーゼとその令嬢が住宅として使っていた建物。

日本煉瓦製造ホフマン輪窯六号窯 キーワード

お散歩 同じ 上敷免製 オジ 直江津 日本 夜 群馬県 世界遺産 駅 常夜 造り 旧煉瓦製造施設 日本煉瓦製造株式会社 駅舎 場所 公開 道 16時 余裕 建物 煉瓦ちゃん 煉瓦窯 教会 平成 刻印 (*´д`*) 野木町 レンガ とこ 残されている 渋沢栄一 橋 使われている 桁橋 煉瓦 深谷市 つばき橋 10撮影 並んで あかね通り 煉瓦造り 写真説明 工場施設 工場 横 深谷駅 深谷 1886年 一般公開 入る 化粧煉瓦 訪ねて 地 埼玉県 散歩 明治21年 本 東京駅 第一位

ピックアップ廃墟