李平宿場は、かつての板谷峠越えの旧米沢街道の宿場として栄えた集落である。林道高津森線上に位置する...

米沢街道李平宿場跡

米沢街道李平宿場跡 概要・歴史

李平宿場は、かつての板谷峠越えの旧米沢街道の宿場として栄えた集落である。林道高津森線上に位置する...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

米沢街道李平宿場跡 ストリートビュー・空中写真

米沢街道李平宿場跡 関連ブログ・参考リンク

http://masa4mirror.web.fc2.com/kyuudou/kyuuyone/kyuyone1.htm
板谷からの道は途中まで五色温泉への道に改修され、一部旧道の橋の跡が見ることが できます。 五色温泉の 庭坂からの道は現在は林道高津森線になっていて途中まで は乗用車でも入っていける道でしたが、最後の1,2キロが廃道になっていて 入り口も藪
http://www5b.biglobe.ne.jp/~warabiok/dekakete/sumomodaira/sumomodaira.htm
【李平宿跡】 渓谷に沿った狭い山道を対向車とのすれ違いに気を遣いながら数キロ進み 、林道(高津森線)へ分岐すると間もなく道の両側に平坦地が現れた。李平(すももだ いら)宿場跡である。 李平村は慶長十八年(1613年)に米沢藩・上杉家の家臣、阿部 薩摩
http://www5b.biglobe.ne.jp/~warabiok/dekakete/sumomodaira/sumomodaira2.htm
李平付近から県境まで、旧街道は林道高津森線として改修・管理されているのだが、中 には林道のルートから離れて昔のまま残されて ただ、山深いこの地に生涯を送った 人々の生活の記憶は廃村から80年を経た今でも一種の地霊となって苔むした石組み
http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/6.ObRoad-Diary/project-3/019.yonezawa09/16yonezawa09-1.htm
ここが李平? Photo:09'11. 「ここが李平宿」悲しい歴史を持つ古の宿場跡である。 Photo:09'11. 慶長十八年(1613)、当時の上杉 山仕事で村を維持していたが徐々に 廃れ、明治末期には火災で13戸が焼け落ち、大正7年についに廃村と成った宿場跡で ある。
http://blogs.yahoo.co.jp/okotanjp/60282584.html
2005年12月16日 1613年に米沢藩、上杉氏によって開かれた米沢と福島を結ぶ宿場跡です。 かつては あの上杉 高津森を縦走した後はいよいよ李平宿へ。 明治に入り万世大路や奥羽 本線が開通すると米沢街道は全く廃れ、1918年(大正7年)終に廃村。
http://www42.tok2.com/home/kaidoweb/ita/ita18.htm
の李平村>. 明治14年に万世大路が、明治32年に奥羽線が開通すると李平宿の 通行は全く断絶した。 大正7年全戸が移住した為、李平村は廃村になる、 という 悲しい経過を辿った。 阿部家跡地の 現在でも旧宿場の住人の子孫が、. ここを祖先 の地
http://blogs.yahoo.co.jp/y58122001/51353808.html
10月初めに訪れた 100選の中にありました 李平宿場跡(すももだいら) に きのうは再び行ってきました。 時おり小雨がぱらつく ものが 13戸が焼失 大正7年には全戸が村を離れ 廃村になったとありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/y58122001/51143825.html
李平宿場跡へは 清水観音へ入り、その手前の道から 車で行きました。 7キロほど林道を走りました頃に 目の前が開け ここかも知れ 大正7年には全戸が村を離れ 廃村になったとありました。 写真右手の白い柱には「義人代官 古川
http://blogs.yahoo.co.jp/okotanjp/60300363.html
2010年2月13日 福島市庭坂から旧米沢街道を辿り高津森山(650.6m)を縦走後、 雪に埋れた李平宿を訪れてみました。 標高差が約250m、 奥多摩奥山にも落人部落といわれる炭焼きで生計を立てていた廃村跡がたくさんあります。 墓・神社・炭焼小屋・ツ黴