多摩弾薬庫(多摩火薬製造所)

多摩弾薬庫多摩火薬製造所)は、東京都稲城市にあった旧軍施設。

大日本帝国陸軍の造兵廠火工廠板橋製造所多摩分工場(多摩火薬製造所)として1938年(昭和13年)に開所された。1945年(昭和20年)9月にGHQが駐留を始め、翌1946年(昭和21年)11月には接収され空軍の弾薬庫として使用されていた。

その後米軍横田基地のレクリエーション施設として使用されるようになり、現在に至る。敷地内には旧火薬製造所の遺構が点在している。

米軍施設内のため、通常は立ち入り出来ない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

多摩弾薬庫(多摩火薬製造所) 住所

東京都稲城市向陽台

多摩弾薬庫(多摩火薬製造所) 種類

軍事施設・戦争遺構

多摩弾薬庫(多摩火薬製造所) 画像

多摩弾薬庫(多摩火薬製造所) 写真・ブログ・リポート

稲城フェスティバルの予定
http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/1976.html
しかし、ストーリー上一番重要な「多摩弾薬庫跡」は現在米軍施設となっており、年に一度の 稲城フェスティバル のときにしか入れません。今年は絶対に行くぞ!と思っていました。フェスティバルのときも施設内はほとんど立ち入り禁止になっているそうですが
多摩弾薬庫跡地
http://inaginanzan.k-server.org/danyakuko.html
多摩弾薬庫跡は稲城市と多摩市にまたがって存在する米軍の施設です。現在は弾薬庫 としては使われておらず、米軍用のリクレーション施設になっています。 戦前は、満州 事変から第2次世界大戦の終戦まで、日本の陸軍の中心的な火工廠でした。多摩丘陵
首都東京:稲城の地下に核兵器貯蔵疑惑 エイドリアン
http://www.asyura2.com/0502/bd39/msg/834.html
2005年6月9日 かつて「東京第2陸軍造兵廠多摩製造所」と呼ばれた多摩火薬工廠は、米空軍の「多摩 弾薬庫」となり、その北側は「米軍多摩レクリエーションセンター」となっている。 この施設 内の「第二工場」と呼ばれる地域の丘陵斜面には、旧陸軍時代の
陸軍多摩弾薬庫の写真|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ )┓三
http://ameblo.jp/woncul/entry-10893444784.html
在日米軍多摩レクリエーションセンター(多摩サービス補助施設、TamaHillsRecreationCenter)の一角に、陸軍多摩弾薬庫という施設が廃墟化した状態で残されている。昭和13年(1938年)に、陸軍造兵廠火工廠板橋製造所多摩分工場として開設され、火
稲城と田奈の弾薬庫跡 - Biglobe
http://www5b.biglobe.ne.jp/~a-uchi/haibutu/index4m.html
【稲城の多摩弾薬庫跡】 JR南武線の南多摩駅を降りて市立病院の先に進むと「Tama Hills Recreation Center」 と書かれた門があります。ここは「在日米軍多摩サービス補助施設」といって横田基地などに勤務する米軍家族のためのレクリエーション施設で、 
稲城と田奈の弾薬庫跡
http://www5b.biglobe.ne.jp/%7Ea-uchi/haibutu/index4m.html
【田奈弾薬庫跡】 通称「田奈弾薬庫」といっているのは正しくは「東京陸軍兵器補給廠田奈部隊・同填薬 所」のことで、1941年(昭和16年)にこの地に発足しました。戦争終結後、米軍に接収 され引き続き弾薬製造が行なわれて
陸軍多摩弾薬庫の写真|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海|  ┗(^o^ )┓三
https://ameblo.jp/woncul/entry-10893444784.html
在日米軍多摩レクリエーションセンター(多摩サービス補助施設、TamaHillsRecreationCenter)の一角に、陸軍多摩弾薬庫という施設が廃墟化した状態で残されている。昭和13年(1938年)に、陸軍造兵廠火工廠板橋製造所多摩分工場として開設され、火