横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町) 概要・歴史

横須賀水道半原系統は、大日本帝国海軍が中津川を水源として引いた53キロにも及ぶ水道路(軍港水道半原系統)。

1918(大正7)年に通水し、翌1919(大正8)年3月には走水水道施設が横須賀市に無償貸与され、横須賀市上水道の水源となった

この水道施設は、昭和29(1954)年横須賀市に譲渡され長らく利用されていたが、施設の老朽化などにより、平成19(2007)年4月取水停止となった

愛川町には横須賀水道に使われていた複数の隧道跡などが見られる。

2018年現在、蔦に埋もれフェンスで封鎖された隧道跡などが残る。

状態
2018年12月14日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町) 住所

神奈川県愛甲郡愛川町半原

横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町) 種類

その他・廃墟一般

横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町) 画像・写真

横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町)
横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町)
横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町)

横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町) ストリートビュー・空中写真

横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町) スポット

横須賀水道半原系統の廃隧道(愛川町) 関連ブログ・参考リンク

旧海軍用水路の随道
http://www.geocities.jp/wxfff590/surozuidou.html
旧海軍用水路の随道 神奈川県愛川町2005・11・5来訪. 大正10年、旧日本海軍が 艦船への飲料水確保のために、 愛川町の半原水源地から横須賀港に送る水路を作っ た。 この愛川の水は「赤道を超えても腐らない」という名水だったそうだ。 現在も横須賀 市
横須賀水道路のトンネル(1/2) [神奈川県愛川町半原] - Yahoo!ブログ 道
http://blogs.yahoo.co.jp/kasuga_3z/1150157.html
2011年10月19日 横須賀水道は、軍が需要に対応するために、愛川町半原から横須賀まで水道路を建設 し、大正10年に完成した。半原周辺は地形が山がちなのか、トンネルを造って ショートカットしている箇所がある。そのトンネルは3箇所存在する。なお、現在

ピックアップ廃墟