背炙山ロープウェイ(背炙山スキー場)

背炙山ロープウェイは福島県会津若松市の背炙山にあった観光ロープウェイ。空中ケーブルカーと呼ばれていた。延長1040m、高低差375m。1956年8月開業、1984年4月休止。

東山温泉街から黄金丘、関白平へと二つのケーブルがあった。

その先には背炙山スキー場があったが、1980年代に営業休止。二つのリフトがあった。

リフト跡、休憩所跡などが残存する。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

背炙山ロープウェイ(背炙山スキー場) 住所

福島県会津若松市湊町大字赤井

背炙山ロープウェイ(背炙山スキー場) 種類

スポーツ施設

背炙山ロープウェイ(背炙山スキー場) 画像

背炙山ロープウェイ(背炙山スキー場) 写真・ブログ・リポート

東山温泉(背炙山)スキー場(福島県会津若松市): 追憶のゲレンデ
http://old-skier.seesaa.net/article/303770307.html
2012年12月8日 東山温泉(背炙山)スキー場(福島県会津若松市),スキー人口の減少などにより、営業 中止や廃業・廃止となるスキー場が増えています。 「'76オールスキー場完全ガイド(立 風書房)」によれば、「東山温泉から第1・第2ケーブルを乗り継いでゲレンデへ出る。コブ も あづ...
背炙山ロープウェイ - 失われたロープウェイ
http://www.8beat.com/ropeway/higashiyama.htm
背炙山ロープウェイは、東山温泉の背後に位置する背炙山(せあぶりやま:標高863m) の高原状の山頂の西側に作られた背炙山駅と温泉街の山麓駅を結んでいた市営の ロープウェイで、山頂東側の関白平から磐梯山や猪苗代湖方面の眺望を楽しむ「空飛ぶ  
背炙山 せあぶりやま - 福島の山々
http://yamayama.jp/seaburi/seaburi.htm
福島の山々 ・・・ 北東部の地図 登山ルート ○ マピオン ・・・・ 背炙山の周辺地図 ○ 国土地理院 ・・・ 1/25,000地形図:若松 ○ 市町村のサイト ・ 会津 背炙山の麓には 千年以上の歴史を誇り竹久夢二や与謝野晶子などの文人にも愛された東山温泉がある 。
東山温泉 ぶらり朝散歩/会津で遊~ぼ! - 会津への夢街道
http://www.aizue.net/kankouruuto/asasanpo-higasiyama.html
ロープウェイ跡. 背炙山ロープウェイは、昭和31(1956)年に開業。 北海道と東北、北陸 で3ヶ所しかなかったため、「空飛ぶ観光バス」として、7時30分から208時まで運行し ていた。 漫画家の手塚治虫氏も、このロープウェイを舞台にした作品を残している。
『背あぶり山山頂』へ。 : 後藤健太郎のブログ
http://blog.livedoor.jp/gotokentarou/archives/67892309.html
会津に行き、時間があると訪問する場所がある。背あぶり山山頂・・会津の奥座敷と言われる東山温泉から更に山を登るとそれは有る。この建物の屋上に見晴台あり。屋上の屋根には、私の若気の至りの痕跡である『〇〇参上〇年〇月〇日』のサインが残っているはずだ。ただ、現在はこの

背炙山ロープウェイ(背炙山スキー場) キーワード

関白平 駐車場