羽幌線(はぼろせん)は、北海道留萌市の留萠駅で留萠本線から分岐して日本海に沿って北上し、天塩郡幌...

羽幌線

羽幌線 概要・歴史

羽幌線(はぼろせん)は、北海道留萌市の留萠駅で留萠本線から分岐して日本海に沿って北上し、天塩郡幌...

羽幌線 画像

初山別駅-豊岬駅間の第三初山別陸橋の遺構
By Purplepumpkins [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons
羽幌線の橋梁
Purplepumpkins (https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Haboro_bridge_1.jpg), 窶曰aboro bridge 1“, https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/legalcode
花岡駅跡
Purplepumpkins [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]
大沢トンネル
Purplepumpkins [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]
橋梁跡
Purplepumpkins [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]

近くのスポット

羽幌線 ストリートビュー・空中写真

羽幌線 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/my_name_pocky/37109500.html
お持たせいたしました 廃線 羽幌線の旅始まりです え・・・特に待っていなかった まぁまぁ見てくださいませ^^; ウインドトリップ抜波に向かう途中 昨年タンタンさんのブログに掲載された 仮称羽幌線モオタコシベツ川橋梁を確認すると言う使命をもっ 私は廃オタではないのですが、郷土史好きとして、定山渓鉄道跡を少し歩いたことがあります。 キロポストなども一部残ってました。架線の碍子と思われるものもおっこってましたねぇ嗚呼、懐かしの札幌駅ゼロ番ホーム!! 今は少し前まで存在してた豊平駅!
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/habor.html
留萌 - 幌延(141.1km) 【主な駅】 留萌 小平 苫前 羽幌 初山別 遠別 天塩 幌延 【沿 革】 1927.10.25 留萌 - 大椴開通[留萌線] 1928.10.10 大椴 - 鬼鹿開通[留萌線] 1931.08.15 鬼鹿 - 古丹別開通[留萌線] 1931.10.10 留萌 - 古丹別を羽幌線に分離改称
http://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/130501haborosen.html
2013年6月28日 羽幌線(はぼろせん)は、日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線(地方交通線)。北海道留萌市の留萠駅で留萠本線から分岐して日本海に沿って北上し、天塩郡幌延町の幌延駅で宗谷本線に接続する。国鉄再建法の施行により特定ツ黴
http://kam-r.sub.jp/ainu/haboro43.html
昭和43年の道内時刻表で見る国鉄羽幌線は、廃止間際と比べ本数も多く充実しています。この時代の沿線はなんといっても羽幌炭坑であり、築別より羽幌炭鉱鉄道(羽幌炭礦鉄道)が分岐し羽幌も市制を目指すほど賑わっていた時代です。当時の羽幌炭礦ツ黴
http://www.tetsuroni.jp/haisen/haboro1.html
2001年8月25日 羽幌線は留萌本線留萌から宗谷本線幌延までの141Kmを結んでいた路線で、廃止された北海道の路線の中でも天北線、名寄本線と並ぶ長大路線でした。 建設開始は昭和2年だが、全線開通は昭和33年。一時期は札幌直通の急行も走っツ黴
http://www.horae.dti.ne.jp/~tabi-pr/h_haisen2.html
北海道の鉄道廃線跡を旅するシリーズ(2)。標津線(2):旧別海駅とその周辺など。羽幌線廃線跡:留萌川の鉄橋、金駒内陸橋など.
http://longred-crow.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/2013-vol8-1651.html
このまま国道230号を直進すれば、喜茂別(キモヘ゛ツ)町から中山峠を越え、定山渓温泉を経て札幌へ最短で至るのであるが、途中の中山峠は標高840mあり、路面の積雪・凍結が予想される。 . 左折すれば旧道の送毛山道へ続く石狩市(旧浜益村濃昼) Apr. 30 2013 OLYMPUS XZ-1 国道231号 雄冬海岸は、雷電海岸と同じくこの数年間に多くのトンネルが掘削され、落石や岸壁の崩壊による道路被害を回避すべく、迫力ある海岸線の明かり部分は廃道となり、迂回路の長大トンネルばかりとなってしまった。
http://blogs.yahoo.co.jp/my_name_pocky/37148456.html
お待たせいたしました~ ウインドトリップ北上のもう一つの楽しみ そそ^^廃線探検で~す 今回は、築別から旧羽幌炭鉱まで約16.6kmの廃線の旅 う~ドキドキする^^ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
http://sprout34.blog16.fc2.com/blog-entry-155.html
羽幌線は、留萌~幌延間を、海岸線に沿って走っていた路線です。 '87年、国鉄民営化の際に廃線となりました。 羽幌線は、R232と併走するように、所々に跡が残っています。 その中でも一番見易い遺構が、国道のすぐ脇に残る、この廃橋梁。 橋の上で緩やか 
http://ameblo.jp/fujitama1015/entry-11811491528.html
北海道・旧国鉄羽幌線廃線跡. 2014-04-02 13:46:00 テーマ:廃線跡. 旧国鉄羽幌線の廃線跡に行って来ました。 羽幌線は、留萌本線の留萌駅から、宗谷本線の幌延駅を繋いでいた路線です。 橋脚やトンネルが少しだけ残っています。 AD 
羽幌線 関連ワード
  • 1人
  • 2010年
  • 5月
  • お盆
  • きし
  • さら
  • はがき
  • クリック
  • バス
  • バスターミナル
  • バス亭
  • ラジオ
  • リストラ
  • 三泊
  • 便利な
  • 停車
  • 分岐
  • 初山別村
  • 別れ
  • 北海道
  • 印刷
  • 右折
  • 同じ
  • 名残
  • 国鉄羽幌線
  • 地名
  • 地形
  • 地形図
  • 増毛間
  • 変化
  • 多く
  • 天塩町
  • 天塩駅
  • 小平
  • 小平町
  • 山田秀三さん
  • 幌延
  • 幌延町
  • 幌延駅
  • 干拓
  • 座敷
  • 廃止
  • 廃線
  • 廃線跡
  • 待合室
  • 探索
  • 旧駅構内
  • 更岸
  • 本線
  • 札幌
  • 残ってます
  • 残る
  • 沿岸バス
  • 留萌
  • 留萌市
  • 留萌線
  • 留萌駅
  • 石炭
  • 石炭産業
  • 稚内
  • 第三セクター
  • 簡易
  • 羽幌
  • 羽幌町
  • 羽幌線春
  • 苫前町
  • 記事
  • 豊富
  • 購入
  • 路線
  • 転換
  • 農業倉庫
  • 遠別町
  • 郷土資料館
  • 金駒内
  • 鉄道
  • 開業
  • 駅前食堂
  • 駅構内
  • 駅舎
  • 駅跡
  • 駅跡近く