アエロトラン(フランス) 概要・歴史

フランスの空気浮上式鉄道

アエロトラン(仏:Aérotrain)はフランスで1965年から1977年にかけて開発が進められた空気浮上式鉄道である。

サラン、ルーアン間に全長18kmのオルレアン実験線が建設され5台の試作車が製造されたが、送風機による騒音等、技術上の問題が多いため、高速鉄道としての実用化には至らなかった。

現在は成田空港で同様の空気浮上による輸送システムが運行されている。この項目では空気浮上式鉄道全般についても取り扱う。

軌道跡などの遺構が多く見られ、車両も保存されている。

ストリートビューからも確認できる。

状態
2019年01月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

アエロトラン(フランス) 国

フランス

アエロトラン(フランス) 種類

廃線・鉄道駅

アエロトラン(フランス) 画像・写真

アエロトラン(フランス)

アエロトラン(フランス) ストリートビュー・空中写真

アエロトラン(フランス) スポット

ピックアップ廃墟