熊ノ平駅(信越本線旧線)

熊ノ平駅(くまのたいらえき)は、群馬県碓氷郡松井田町(現・安中市)にあった、日本国有鉄道信越本線の駅。

信号場時代は熊ノ平信号場(くまのたいらしんごうじょう)として、国鉄と国鉄分割民営化後は東日本旅客鉄道(JR東日本)が管轄していた。

信号所に降格後40年以上も経っているが、国道18号(旧道)から同駅へ続く階段の遺跡は一部健在である。草生した夏場では解りづらいが、草が枯れる秋から春までは確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

熊ノ平駅(信越本線旧線) 住所

群馬県安中市松井田町入山

熊ノ平駅(信越本線旧線) 種類

廃線・鉄道駅

熊ノ平駅(信越本線旧線) 画像

熊ノ平駅(信越本線旧線) 写真・ブログ・リポート

廃線探索 信越本線旧線(第3めがね橋-熊の平間)
http://www.hotetu.net/haisen/kanto2/110403shinetuhonsenkyusen.html
2011年4月11日 信越本線旧線 めがね橋-熊ノ平間:信越本線の横川駅 - 軽井沢駅間は一部の区間が 遊歩道として整備されている。また、安中市松井田町の財団法人碓氷峠交流記念財団 により、同駅間の廃線跡で、同財団の運営する「碓氷峠鉄道文化むら」の園内遊具 として、「ぶんかむら駅 - まる...
信越本線旧線 めがね橋-熊ノ平間|歩鉄の達人のブログ
http://ameblo.jp/hotetu/entry-10857516266.html
2011年4月11日 信越本線旧線 めがね橋-熊ノ平間の遊歩道の整備状況を見てきましたので ホームページに写真を公開しました。 また、安中市松井田町の財団法人碓氷峠交流 記念財団により、同駅間の廃線跡で、同財団の運営する「碓氷峠鉄道文化むら」の園内 遊具として、「ぶんかむら駅 - まるや...
信越本線旧線(横川~軽井沢)
http://www.geocities.jp/abolished_rail/tanbou2/Shinetsu_Usui/usui.htm
1 熊の平駅新設 営業開始1911(M44) 5. 電化完成1963(S38) 7.15 碓氷新線 開通(~9.28旧線併用) 9.30 全列車を粘着運転に切替え1966(S41) 2. 1 熊ノ平駅廃止 7. 2 丸山信号所~矢ヶ崎信号所間複線化1997(H 9) 10. 1 横川~ 軽井沢
軽井沢-横川間 旧信越本線廃線(下り)
http://www.hotetu.net/haisen/Kanto/080501shinetuhonsen.html
2009年12月21日 軽井沢-横川間旧信越本線廃線探索 ブログリンク 探索ルート地図 上り線リンク. 軽井沢 7時31分到着 . 旧熊ノ平駅は横川~軽井沢間の中間停車場として誕生し、主 な目的は給水、給炭と上下列車の行き違いであった。 当初は、客車4
廃線探索 軽井沢駅-横川駅間旧信越本線下り線|歩鉄の達人のブログ
http://ameblo.jp/hotetu/entry-10243356467.html
2009年4月16日 軽井沢駅-横川駅間旧信越本線下り線の廃線探索をしてきましたのでホームページに 写真を公開しました。 宜しかったら ⑲旧熊ノ平駅は横川~軽井沢間の中間停車場 として誕生し、主な目的は給水、給炭と上下列車の行き違いであった。
旧熊の平駅
http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/kumanotairaeki.html
所在地, 群馬県安中市松井田町 → MAP さらに、平成9年には長野新幹線の開通 に
軽井沢-横川間 旧信越本線廃線(上り)
http://www.hotetu.net/haisen/Kanto/080601shinetuhonsen.html
更新日時 2009年12月21日. 軽井沢-横川間 旧信越本線廃線(上り)
N153 : 旧信越本線、横川駅~軽井沢駅の「アプトの道」が旧熊ノ平駅
http://ameblo.jp/mtstnzm/entry-11216901183.html
2012年4月6日 2012(平成24)年4月1日(日),群馬県安中市松井田碓氷峠の旧信越本線(アプト線) の遊歩道「アプトの道」が,めがね 自分は廃線前の路線に乗ったこともありませんし、 もちろん熊ノ平駅の印象も全くないわけですが、当時の橋梁やレール
「信越本線」廃線跡を歩く その4 「熊ノ平信号場」 : 太郎の部屋
http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-1271.html
2012年6月17日 信越本線」廃線跡を歩く その4 「熊ノ平信号場」 赤色線が当時使われていた線路、 青い路線が廃止された線路を示します。 旧線開通時( 新線は「横川」から3kmほど「 軽井沢」側の地点から「熊ノ平駅」間では旧線と完全に離れていました。
軽井沢-横川間 旧信越本線廃線(上り)(歩鉄の達人)
http://www.hotetu.net/haisen/Kanto/090412shinetuhonsen.html
2009年12月21日 また、安中市松井田町の財団法人碓氷峠交流記念財団により、同駅間の廃線跡で、同 財団の運営する「碓氷峠鉄道文化むら」の園内遊具として、「 2011年04月吉日探索 の旧信越線旧線 めがね橋-熊ノ平間(アプトの道)(遊歩道整備中)
信越本線 横川~軽井沢 廃線区間・旧熊の平駅跡
http://home.f01.itscom.net/spiral/usu/usu2.html
そこで 複線、粘着方式(普通にレール2本で走る鉄道)の新線が建設された。 複線化に 伴い この熊の平駅は廃止になり 今はホームと変電所のみが残っている。 変電所内に もう設備などはほとんどなかった。 新線のルートもアプト線とほぼ同じだったため急勾配  
JR東日本(信越本線:横川~軽井沢駅 廃線区間) - キャバリア マリーと
http://blogs.yahoo.co.jp/marirara71/25592794.html
2013年11月12日 かつて信越本線は群馬県高崎市から長野駅、直江津駅を経て新潟駅に至る路線でしたが 1997年の長野新幹線の開業に伴い横川駅~軽井沢駅間が廃止されまし 現在、旧線跡は横川駅から遊歩道として整備されていて第3橋梁も歩いて渡れます。 そういう歴史を知って廃駅となった熊ノ...
旧熊ノ平駅(2010.4):うちの裏庭
http://uraniwa060.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
鉄道のことはあまり詳しくないのですが平成9年に北陸新幹線の開通に伴い信越本線横川~軽井沢間廃線と共に廃止となった熊ノ平駅と熊ノ平変電所を訪れてみました。昭和25年に土砂崩れが発生し関係者50人が亡くなられてこともあり心霊スポットとしても有名みたいですね。我々の
熊ノ平駅跡~① - キチキチ廃散歩 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kitikitiboon/59595853.html
この春に群馬県安中市の山奥、熊ノ平という廃駅に数年ぶりに行ってみた。最近県内のNEWSで廃線になっていたこの路線に、観光地「ぽっぽタウン」からのトロッコ列車を開通させるという話が浮上したと聞いた。となると、廃墟で有名な変電所跡の建物がどうなるのか?あわてて様子
miyako-project 熊の平駅
http://miyapro.blog58.fc2.com/blog-entry-5.html
群馬県安中市にある熊ノ平駅。今は使われていない廃線である。このトンネルの先に熊ノ平駅がある。不気味なトンネル。この写真で、このトンネルの長さがかわるだろう。約1km。懐中電灯以外の光は何もない。無機質なコンクリートの空間が続く・・・3本のトンネルが並ぶ。右は旧
山と鉄 碓氷峠アプトの道
http://satsunan226.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
これを抜けると熊ノ平駅跡。ここで新線(複線)も合流し、スイッチバック用の旧線トンネルもあるので、4つのトンネルが口を開けているめずらしい光景を見ることができる。ここでまたまた感激したのは、コンクリート造りの旧変電所である。丸山変電所と違い、モダニズムの箱形建物