喫茶店・大菩薩峠 概要・歴史

大菩薩峠は徳島県阿南市にある喫茶店。

オーナーの島利喜太(しまりきた)氏が自ら建築した建物。裏山に窯を作って自分でレンガを焼き、1966年に着工。1971年にオープンし、それから30年以上も建設を続けている。日本のガウディとも言われる壮大な建築である。

現役の喫茶店であり、廃墟ではない

航空写真、ストリートビューからも確認できる。

状態
痕跡を残しての再利用・一部現役・一部解体等、通常の不使用状態ではありません
2019年07月11日 更新

喫茶店・大菩薩峠 住所

徳島県阿南市橘町土井崎

喫茶店・大菩薩峠 種類

飲食店・ドライブイン

喫茶店・大菩薩峠 画像・写真

喫茶店・大菩薩峠
喫茶店・大菩薩峠

喫茶店・大菩薩峠 ストリートビュー・空中写真

喫茶店・大菩薩峠 ブログ・リポート

一人でレンガ10万個!セルフビルド建築「大菩薩峠」【徳島】 :日本珍
http://b-spot.seesaa.net/article/308680441.html
2012年12月19日 廃墟? それとも工場? 正解は喫茶店。ここは徳島でも屈指の珍名所「大菩薩峠」です。徳島県阿南市のこの喫茶店はこれまでも何度もテレビ、雑誌などで取り上げられています。驚くべきことに大菩薩峠はオーナー・島利喜太(しま りきた)氏 
大菩薩峠
大菩薩峠▲ 404?
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn014/daibosat/daibosat.html
四国旅行最初の目的地は徳島県阿南町の「大菩薩峠」という飲食店。 このページ(富田建設設計室のサイト内)によると、オーナーが山梨の大菩薩峠(画像)に行き、インスパイアされて、万里の長城のような喫茶店を作りたくなり、1966年から自分でレンガを 徳島港からいいかげん飽きたくらい走った頃...
プライベート日記
http://www.h4.dion.ne.jp/~coz/private_nikki.html
徳島県阿南市の国道沿いに建っている、一見廃墟のような謎の建造物。 これはこの土地の 桜満開の季節、JR金谷駅から蒸気機関車に乗って、市川崑監督の傑作「悪魔の手毬歌」のロケ地、静岡県大井川鐵道の家山駅に行ってきました。 駅舎とホームは 
〜徳島県に有るサグラダファミリア大菩薩峠〜:PygmyPlantsPlanet
http://piplpl.exblog.jp/20140486/
日本にも多数のサグラダファミリア的な案件がありますが、今回訪れたのは徳島県に有る『大菩薩峠』と言う名の喫茶店。ネットで検索していた時に目にして気になったので訪れてみました!
【日本走覇】No.5-9 四国一周ドライブ2014  2014.1.11-14
http://www.drive-ns.com/5/5-9/5-9-4.html
あ、あれは確か「大菩薩峠」!一見廃墟のように見える、マニアの間で時々話題に上る喫茶店だね。僕も四国のどこかにあるところまでは知っていたけど、ここにあるとは全然知らなかったよ。今まで何度もこの道を走っていたのに、なぜ今まで気付かなかったのだろうね。じゃあ、久々に

ピックアップ廃墟