橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟) 概要・歴史

4.6kmの巨大ベルトコンベア

徳島県阿南市の明谷梅林にある鉄骨廃墟。広浦鉱業橘鉱山の石灰を港まで運ぶためのベルトコンベア跡である。

1961(昭和36)年に阿南鉱業が敷設。1963(昭和38)年に完成。1972(昭和47)年に鉱山が広浦鉱業に引き継がれ、ベルトコンベアも2001(平成13)年まで使われていた。総延長4.6kmで、途中にはトンネルもある。

かつては選鉱作業を工場で行っていたが、現在は鉱山で行われるようになったため、ベルトコンベアは使われなくなった。

現在撤去作業が進められているが、2018年3月時点でも橋梁跡などが部分的に残っている。

航空写真、ストリートビューからも確認できる箇所がある。

橘鉱山自体は現役の鉱山であり、廃墟ではない

状態
2011年09月15日作成  2019年07月11日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟) 住所

徳島県阿南市長生町角ノ谷

橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟) 種類

廃鉱・採石場跡

橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟) 画像・写真

橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟)
橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟)

橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟) ストリートビュー・空中写真

橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟) スポット

橘鉱山ベルトコンベア(明谷梅林の鉄骨廃墟) 関連ブログ・参考リンク

梅林に行ったはずなのに… : カメラ女子写真生活日和。
http://ooreaoo.blog91.fc2.com/blog-entry-289.html
がしかし、梅よりも良いものを見れました。これはなんでしょうか?すんごく気になる(♦▽♦)キラーン!梅そっちのけで、マジマジと見てしまってましたよコレ。これはいい物件です!歴史を感じる梅林。廃墟マニアも来るとイイ!!
VOL.22 橘鉱山ベルトコンベア - 日本すきま漫遊記
http://www.sukima.com/awawa/pdf/22.pdf
JR山陰本線㺛餘部( 㹲㺮㺻㺩) 鉄橋㺘㹴㹶明治時代㺛作㺹㺼㺏鉄道橋㹼㹲㺻。㺍㺞鉄橋㺞掛㺁替㹸㹼決㺮㺓㺏㺘㹽、最後㺞風景㻂見㺸㹶㺘全国㹻㺹観光客㹼押㺇寄㺋㺏。餘部鉄橋㺟細㹴鉄材㻂組㺯上㺂㺏㻳㼔㻤橋脚㺞橋㺐。鉄骨㺞㻳㼔㻤㺴㻍㹮㻬構造㺟力学的㺚機能美㻂㺲㺔㺐㺁㺗㺚

ピックアップ廃墟