久宗鉱山 概要・歴史

鉱山住宅跡が残る

久宗鉱山(ひさむねこうざん)は徳島県吉野川市にあった鉱山。高越鉱山久宗坑とも呼ばれる。

銅・硫化鉄が採掘された。

明治25年(1892)に杉山鉱山操業開始。明治40年(1907)休山。大正4年(1915)に再開、大正7年(1918)に南海鉱業、昭和10年(1935)に徳島鉱業、昭和12年(1937)に石原産業へと鉱業権が移り、昭和25年(1350)に日本工業に売却され高越鉱山と合併した。

地図位置付近に坑口が二つ残り、少なくとも一つは封鎖されている。丘全体がズリ跡らしい。

またハーモニカと呼ばれた長屋状の鉱員住宅が残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

久宗鉱山 住所

徳島県吉野川市山川町奥川田

久宗鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

久宗鉱山 ストリートビュー・空中写真

久宗鉱山 ブログ・リポート

高越 鉱山 詳細|鶴嘴さんのブログ
https://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11986832498.html
シ友鉱山(人偏に四と書く)久宗地区にあった、杉山鉱山を発祥とする当初は個人経営であったが、企業による資本導入で次々と経営者が変わった明治29年、シ友鉱山操業開始、(シ友鉱山の坑口)大正4年、高田商会が買収、(高田商会時代の飯場後方、選鉱場)(藤川氏所蔵)大正5
高越・東山鉱山跡サンプリング - satokichiのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/satokichi2004jp/34290858.html
ふいご温泉に立ち寄り、今度は久宗鉱山跡の第三坑口排水へ。メインの坑道はふさがれていますが、近くの建物が建っているところにあるそうです。その後、アメニティセンターに戻ってきました。昼食後、山川を後にして、午後は美郷の東山鉱山跡へ。場所が分かりにくかったものの、け
久宗鉱山
http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/kusoo.html
HOME徳島県吉野川市山川町久宗久宗(ひさむね)鉱山Photo:2011.11(1/1)今回、帰ってきてからネットチェックしていると偶然行ってきた久宗鉱山の位置が分かる情報を見つけた。(もうちょっと早くに分かっていればね・・・)どうやらそのすぐ近くを脇を見なが
山川町の文化財:旧久宗鉱山
http://www.itpoint.jp/cultural/page66.html
66旧久宗鉱山川田川が平地に流れ出る左岸にうず高く積み上げられた廃石の棄て場に沿うて山麓を南へ少し登ると,コンクリートで閉ざされた坑口や機械をすえてあったらしく油でよごれた土間のバラックなどが,梅畑の間にちらばっているのが見られる。ここが久宗鉱山の廃坑

ピックアップ廃墟