八丈小島 概要・歴史

八丈小島(はちじょうこじま)は東京都八丈町に属する島。八丈島の西約7.5 km のフィリピン海上に位置する。

室町時代には既に住民が定住していたと考えられている。

戦後、生活条件の厳しさや子弟の教育に対する不安から人口の流出が止まらず、八丈島への全島民移住案が出た。1968(昭和43)年10月に土地買収に関する住民との協議が成立し、1969(昭和44)年1月より離島を開始、全国初の全島民完全移住となった。全島民撤退直前の島の人口は宇津木村9戸31人、鳥打村15戸60人で、大半が老人と子どもであった。

これ以降、現在に至るまで無人島である。

島内には学校跡などが残っている。

現在も鳥打と宇津木に港の跡があり、上陸が可能で、鳥打のほうが上陸しやすい。ただし、小学校跡などの建物は崩壊しており、道路も一部で風化している。

家畜の逃亡し野生化したものが、無人島になってから異常繁殖し、一時期は800頭以上にまで増加していたが、現在では野ヤギ駆除事業は終了している。

また、アホウドリ類の有益な繁殖地として期待されている。

2014(平成26)年に、八丈島では町制施行60周年記念事業の一つとして「八丈小島忘れじの碑」建立されている。

状態
2011年09月15日作成  2019年04月05日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

八丈小島 住所

東京都八丈町鳥打

八丈小島 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

八丈小島 画像・写真

八丈小島
八丈小島
八丈小島忘れじの碑と八丈小島
八丈小島忘れじの碑と八丈小島

八丈小島 ストリートビュー・空中写真

八丈小島 関連ブログ・参考リンク

『廃村をゆく』
http://ameblo.jp/makenaiyo/entry-10936932801.html
八丈小島は知ってたけど、現在 無人島の廃村 とか俺的に「どストライク」っす。 “廃村界の軍艦島”こと東京・峰集落の建物は全部崩れ落ちてしまったかぁ。 その前に一度行きたかったな… 残念だ。 「サイレン」ってゲームのロケ地は埼玉の廃村だったのね。
全国の廃村訪ねる(八丈小島)
http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison_2.html
2006年6月9日 全国の廃村訪ねる - 浅原昭生さん 八丈小島へ. 37年前の1969年,住民94人が離島 して無人となった八丈小島。「観光マップに描かれた小島の地図に,ダイビングスポット や釣場の海岸名は載っていますが,集落の地名は載っていませんね。
八丈小島・黒潮の海に切り立つ無人島 再び
http://heyaneko.web.fc2.com/gh09.html
9-1: 「廃村と過疎の風景(3)」では,関東の「廃校廃村」17ヶ所(当時)全部に足を運ぶ という目標があります。これらの中で他との違いが際立っているのが,伊豆諸島 八丈島 の西隣,黒潮の海に切り立つ無人島,八丈小島の2つの廃村,宇津木(Utsuki)と鳥
アウトドア企画
http://www.ne.jp/asahi/gamo/yama/outdoor/shimatozanizu/hatijoukojima/hatijoukojima.htm
八丈小島登山は期待に違わぬ面白さを備え、プチ冒険気分を味わえる実に楽しい山行 だった。普段は細かい山行記録を . 学校や石垣、あるいはその後訪れた廃村マニア などによる踏み跡等も含めて、人がいた痕跡が比較的残っているエリア。青線②は「沢 筋
黒潮の海に切り立つ無人島
http://heyaneko.web.fc2.com/dj32.html
八丈小島の廃村 宇津木の小中学校跡から見た八丈島(八丈富士)です。 32-1: 東京 都心からほぼ真南に290km,伊豆諸島の八丈島のすぐ隣の八丈小島に宇津木(Utsuki )と鳥打(Toriuchi)という二つの廃村があることは,学生時代から知っていました。
八丈小島・黒潮の海に切り立つ無人島 再び
http://www.din.or.jp/~heyaneko/gh09.html
9-1: 「廃村と過疎の風景(3)」では,関東の「廃校廃村」17ヶ所(当時)全部に足を運ぶ という目標があります。これらの中で他との違いが際立っているのが,伊豆諸島 八丈島 の西隣,黒潮の海に切り立つ無人島,八丈小島の2つの廃村,宇津木(Utsuki)と鳥
「廃村 千選」 ~ 東京都
http://www.din.or.jp/~heyaneko/ghl-13.html
東京都八丈町(八丈小島)の廃村 宇津木(Utsugi)の学校跡です(平成16年9月)。 ・ 編者が確認した東京都の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」(学校の所在は昭和34 年以降)は2ヶ所です(廃村2ヶ所)。 ・東京都(旧国名は武蔵,伊豆)は,人口では全国 
八丈小島
http://www.din.or.jp/~heyaneko/dj32.html
32-1: 東京都心からほぼ真南に290km,伊豆諸島の八丈島のすぐ隣の八丈小島に宇津木(Utsuki)と鳥打(Toriuchi)という二つの廃村があることは,学生時代から知っていました。八丈島(八丈町)は東京都であり,離村の時(両集落とも昭和44年3月)に挙島 
八丈島、縄文時代からの歴史(1)八丈小島からの集団離島、廃村
http://blog.goo.ne.jp/yamansi-satoyama/e/58ffe2e512bac4a58d209657ef9b80e6
日本の地方、地方はそれぞれ独自の歴史と文化を有しています。 そこで「日本各地の豊かなローカル文化を考える」という題目で以下の6編の記事を掲載してきました。(1)甲府盆地の仏教にまつわるローカル文化 2015-01-04(2)甲府

ピックアップ廃墟