塚本集落(さいたま市桜区塚本字外西、外東) 概要・歴史

塚本集落(さいたま市桜区塚本字外西、外東付近、塚本堤外地)は、かつて人の住む堤外集落だった。

1999(平成11)年の水害が契機となり、2002(平成14)年までに国の補償を受けて全戸移転している。

薬師堂と八幡神社、門扉などが残っている。「薬師堂のマキ」は市指定の天然記念物となっている。

状態
2019年06月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

塚本集落(さいたま市桜区塚本字外西、外東) 住所

埼玉県さいたま市桜区塚本

塚本集落(さいたま市桜区塚本字外西、外東) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

塚本集落(さいたま市桜区塚本字外西、外東) ストリートビュー・空中写真

塚本集落(さいたま市桜区塚本字外西、外東) ブログ・リポート

ま、それはそれとして、 荒川沿いの廃村を歩く。(その1 さいたま市桜区
http://kichii.blog55.fc2.com/blog-entry-120.html
2009年5月16日 埼玉の、秩父の山奥でもないところで廃村とは奇妙な感じもするが、荒川の左岸(=東側)、堤外(ていがい)と呼ばれる . きちい:ダイレクトメール (04/05) · きちい:山の中の「工」印 (04/05) · きちい:荒川沿いの廃村を歩く(その2 川越市握津) 
荒川サイクリングロードの廃村: New! モッパーの日記
http://newmopar.sblo.jp/article/102459839.html
荒川サイクリングロードや上尾サイクリングロード至近に廃村跡があるのをご存知でしょうか ? 奥武蔵自転車旅行社さんとこちらのサイトに教えてもらったのでさいたま市桜区塚本の廃村と川越市古谷上字握津の廃村を訪問してきました。
荒川中流域の堤外廃村を訪ねる(1) さいたま市「塚本集落」 - 関東懐旧街
http://komugi1007.blog.fc2.com/blog-entry-606.html
旧浦和市の荒川河川敷には1990年代後半まで人が暮していたが水害対策のために全戸が移転し、2002年頃には廃村となった堤外地集落「塚本集落」が存在する。 s2014塚本集落 . 荒川中流域の堤外廃村を訪ねる(2) 川越市 「握津集落」

ピックアップ廃墟