手宮線

手宮線(てみやせん)は北海道小樽市の南小樽駅から同市内の手宮駅を結んでいた日本国有鉄道の鉄道路線。

北海道では最初の鉄道である官営幌内鉄道(手宮 - 札幌 - 幌内)の一部として1880年に開通。1889年に北海道炭礦鉄道に譲渡された後、鉄道国有法によって1906年に買収、国有化。石炭や海産物の積み出しで賑わった。

利用客減少のため1962年5月14日を最後に旅客営業廃止。その後も貨物輸送は続けられたが、輸送量の減少により1985年に廃止となった。

現在、廃線跡のほとんどが保存されており、現鉄道の脇を並走している箇所や、遊歩道として整備された箇所がある。踏切も残っており、踏切での一時停止の不要を知らせる看板もある。手宮駅跡は「小樽市総合博物館(鉄道・科学・歴史館)」として活用されているほか、LRTとして復活する提案もある。

また、線路跡沿いにバラック酒場街と呼ばれる箇所があり、傾きかけた古い建物が残っているが、すべての店舗が閉業しているわけではなく、レトロ建築を利用した現役店舗となっている箇所もある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

手宮線 住所

北海道小樽市

手宮線 種類

廃線・鉄道駅

手宮線 画像

手宮線
手宮線
手宮線
手宮線
手宮線
手宮線
手宮線
手宮線
手宮線
手宮線
手宮線

手宮線 ストリートビュー・空中写真

手宮線 スポット

手宮線 写真・ブログ・リポート

手宮線
http://www.tetsuhai.com/temiya.html
2006年11月14日 北海道の鉄道史を語るのに、絶対に外すことの出来ない路線が今回ご紹介する手宮線である。 手宮線と名称が付いたのは後年の事 どのような状態なのか、早速廃線跡へ登る階段を駆け上がってみた。 橋梁そのものは撤去されているが、 
手宮線 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/temiy.html
南小樽 - 手宮 【主な駅】 南小樽、色内、手宮 【沿 革】 1880.11.28 手宮 - 南小樽 - 札幌開通[官営幌内鉄道] 1889.12.11 北海道炭礦鉄道に譲渡[北海道炭礦鉄道] 1906.10.01 国有化 1907.07.01 旅客廃止(1912 旅客再開) 1909.10.12 手宮線に改称(手宮 
手宮線廃線跡調査
http://www.tetsuroni.jp/haisen/temiya1.html
南小樽~手宮間を結んでいたわずか2.8Kmの短い路線。昭和37年5月14日限りで旅客営業を廃止して以来、昭和60年11月14日まで貨物線のみの営業を続けていたが、その歴史価値は非常に高い路線である。 幌内の石炭搬出と札幌への移出貨物の搬送を 
手宮線 - 街と鉄道
http://tkohara.la.coocan.jp/temiya.html
これまでに数度、私はこの手宮線を訪れてきましたが、2004年12月、改めて当地を訪れました。 一般の旅行ガイドにも地図の中にしっかりと「旧手宮線跡地」と記され、世間一般、相応に認知されている廃線跡。一般に認識されると多くの場合、廃線跡はレールが 
北海道廃線跡紀行9-手宮線 - DTI
http://www.horae.dti.ne.jp/~tabi-pr/h_haisen9.html
北海道初、日本でも3番目の鉄道線の手宮線の廃線跡を歩く(1)。小樽市中心街に16年前に廃止された手宮線跡がほとんど手付かずで残る。
廃線探索 小樽 手宮線(歩鉄の達人)
http://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/081204temiyasen.html
2009年12月1日 手宮線(てみやせん)は、北海道小樽市の南小樽駅から同市内の手宮駅を結ぶ日本国有鉄道が運営した鉄道路線(貨物線)である。北海道で最初の鉄道開業区間の一部で、石炭や海産物の積み出しで賑わったが、1985年に廃止となった。
手宮線廃線跡の散策路(遊歩道) - DTI
http://www.horae.dti.ne.jp/~tabi-pr/temiya_02.html
小樽市内に残る手宮線廃線跡が一部散策路に整備された。道内初の鉄道という歴史的価値を尊重するかのように、鉄道の面影を色濃く残した散策路として生まれ変わった.
小樽の町をぶら~り散歩③ 小樽駅、手宮線と富岡
https://ameblo.jp/juniors11/entry-12314408158.html
小樽の魅力のひとつに電鉄関連施設があります。レトロな駅舎、廃線となった手宮線、その周辺の富岡地区も見て回ります。 [小 樽 駅] 小樽港の正面に聳える、鉄筋コンクリート造りの駅舎は三代目、1934年(昭和9年)の創建で、 駅
デッカイドウ2017。 Part1
https://ameblo.jp/placeticket/entry-12300224897.html
親はテレビに釘付けとなり、誕生日が完全にスルーされたのは内緒(爆)。 道内で最初の鉄道だった、旧国鉄・手宮線(昭和60年廃線)跡地。 夕暮れの小樽に響く、無数の風鈴の音。この日は商店街の風鈴祭りでした。
ウィキッド札幌遠征 積丹半島一周 2
https://ameblo.jp/nancymom/entry-12303530807.html
小樽は洒落たお店が多いです。 運河沿いの、倉庫を改造したような、広い空間のお店。 小樽市の雪まつり会場だった 「手宮線跡地」 廃線ですが、線路もしっかり残され、遊歩道となっています。 時間になったので、小樽から空港直通のJR
散歩で行き倒れ(8/4お昼過ぎ
https://ameblo.jp/shike-kanonji/entry-12299273167.html
を行くとこの交差点 ここから運河へ下ってみた。 凄いタイミングでフレームインされる 小樽は坂の街と 素敵 手宮線の廃線跡・ 次は食べに来ます 下りきった交差点 運河の交差点。 物見櫓みたいのは"小樽出抜小路&q
北海道旅行③小樽
https://ameblo.jp/eri12270/entry-12304962525.html
com/hokkaido/A0106/A010601/1000209/top_amp/ その後駅から10分程歩いて手宮線跡地 昭和60年に廃線になってからずっと、踏切、線路がそのまま残されてます
札幌遠征のついでに小樽まで足を延ばしてきました☆
https://ameblo.jp/takeshe/entry-12053566211.html
は海が見えて、何とも気持ちのいい光景ですね! この坂を下っている途中には、かつてここを通っていたものの昭和60年に廃線となった旧国鉄手宮線の線路の後がそのまま残ってました。 …何でしょう、映画「スタンド・バイ・ミー」か、または「
北海道へツーリングに行ってきた~Final
https://ameblo.jp/osssssssandazo/entry-12301456258.html
もいっぱいになり更に北上。 三笠市に入ります。 廃線になった幌内線萱野駅をそのまま利用したライダで戻ります。 小樽市内にある廃線跡、手宮線。 この線路はかつてここ小樽から札幌を抜けて昨晩泊まった萱野駅
札幌ぶらり一人旅
https://ameblo.jp/tkazu1961/entry-12311544641.html
今日も札幌は快晴だったよ┏O)) 昨日はススキノの夜を散策して、今日は早朝から小樽に行って来たよ! 昭和60年に廃線となった旧国鉄手宮線の跡地を通って、先ず最初に向かったのは、何と言っても「小樽運河」だよ その後小樽運河沿いに
小樽の旅 ③
https://ameblo.jp/puttykaren/entry-12301602177.html
;ビール おいしい昼ごはんの後…。 小樽観光をレンタサイクルで回るよー レッツゴー(^_^)/ 走り出して直ぐ ~廃線路を見っけ 『旧手宮線跡』 明治13年 小樽・手宮札幌を結ぶ最初の鉄道として開通 北海道開拓に重要な役割をして
北海道へ 3
https://ameblo.jp/plimeria2015/entry-12310106344.html
わ」と息子 。 で、最終日は小樽へ。 旧日本銀行 中に入れるってよって言っても やっぱり興味ないものは素通りねw 廃線になった手宮線 ガラス細工の申し込みをし予約時間まで甘いものでも食べながら待とうってことになり 有名なクリーム
北海道旅行・小樽③
https://ameblo.jp/himiku777/entry-12295357190.html
った先は小樽 石原裕次郎さまのパネルが‼! もちろん発車する時の曲は裕次郎の曲でした。 小樽運河へ向かう途中に 旧手宮線跡の廃線があります。 廃線なので真ん中でパシャリ
レトロでオシャレ!運河と硝子の街♪ ――アレルギー対応で行く!北
https://ameblo.jp/qoltravel/entry-12289570552.html
運河から歩いて少し山側へ。 そうすると、使われていない鉄道跡が 現れます これが、北海道で最初の鉄道 『旧手宮線』の廃線跡地です 開通は明治13年。 なんと……今から137年前です 小樽の手宮駅から札幌、 その後さら
小樽~ニッカウヰスキー余市蒸留所~すすきの
https://ameblo.jp/kanachan0202/entry-12296753129.html
で訪れた銀行も辰野氏の設計でした。今日は休館日です。 「手宮線跡地」 1880(明治13)年に道内初の鉄道て開通した旧国鉄手宮線の跡地で、1985年の廃線後も鉄道遺産として線路や踏切などが保存されています。 手宮駅跡

手宮線 キーワード

金融資料館 手宮線跡 崖 夜 北防波堤 北海道初 写真展 ゾーン 手宮線跡地 作品 日本銀行旧小樽支店 説明 街 遊歩道 24時間 株 小樽築港機関区 北海道 16号 保存 町並み SW posted by 旧手宮線跡地 Av 撮影地 路16 撮影データ 撮影 小樽駅 写真 ISO500 7D EOS EF Center F5 Canon 2014年 お祭り F2.8L USM カメラ 16-35 16mm 手宮線会場色内広場内 日時 2月8日 2月7日 運河会場 16日 金 線路 17日 手宮線会場ほか 手宮線会場 幻想的な どなた 場所 スノーキャンドル 小樽雪あかり 南小樽 踏切 設置 路 もめ 中央通り 鉄道 開催 雪 雪あかり 小樽 花園町 色内 山田町 小樽駅前通り 亭 旧手宮線 旧手宮線会場 旧手宮線沿い 旧手宮線跡 1-13 機関車 小樽港 相生町 小樽市 繋ぐ 風景

ピックアップ廃墟