プラッツバーグ国際空港のユナイテッド航空811便

ユナイテッド航空811便(United Airlines Flight 811)は、1989年2月24日に貨物ドア脱落事故を起こした機体。死者は9名。負傷者は35名であった。

機体は修復後1990年より利用され、1997年にチャーター便として使用するためエア・アラビアに売却された。2001年、修理とメンテナンスのためにプラッツバーグ国際空港(Plattsburgh International Airport)に運ばれたが、費用が賄えず三年間放置された。2004年にスペアパーツのために分解されることになった。

航空写真では機体の様子を見ることが出来る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

プラッツバーグ国際空港のユナイテッド航空811便 国

アメリカ合衆国

プラッツバーグ国際空港のユナイテッド航空811便 種類

廃車・廃船・廃飛行機

プラッツバーグ国際空港のユナイテッド航空811便 画像