コニーアイランドの廃潜水艦Quester I

ニューヨークの廃潜水艦

コニーアイランドの廃潜水艦、通称「イエローサブマリン」は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンのコニーアイランドの入江にある廃潜水艦。

1960年代に、地元の造船所労働者ジェリー・ビアンコ(Jerry BIanco)が、川沿いで遊んでいた少年チャールズ・デンソン(Charles Denson)と意気投合して作り始めた。

ビアンコは回収した金属から潜水艦を作り、これをQuester Iと命名、ニューヨーク港に航行中の1956年に他の船と衝突して大西洋に沈んだAndrea Doria号を引き上げようとした。船と共に沈んだ貴重な工芸品等を手に入れようとしたのである。

Quester Iは黄色に塗装されているが、これはクロム塗料がたまたま手頃だったためで、ビートルズの「イエローサブマリン」とは関係ない。

1970年にQuester Iは進水したが、バラストの不備により泥に乗りあげてしまった。再挑戦のための資金調達が上手く行かなかった。その後の1970年代、係留されたQuester Iは略奪や破壊の対象にされてしまった。

現在では鳥やカニの棲家になっている。航空写真からも確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

コニーアイランドの廃潜水艦Quester I 国

アメリカ合衆国ニューヨーク州

コニーアイランドの廃潜水艦Quester I 種類

廃車・廃船・廃飛行機