赤別荘

竹林の洋館

赤別荘は茨城県行方市(旧・玉造町)にある廃屋。「竹藪の西洋館」等として紹介されていることもある。

1922年に建てたれた西洋風の古い家で、竹林の真ん中にひっそりと建っている。

赤い屋根からこう呼ばれているが、実際には別荘ではないらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

赤別荘 住所

茨城県行方市井上

赤別荘 種類

団地・住宅・別荘

赤別荘 写真・ブログ・リポート

The Forgotten Red Villas : 赤別荘 | Tomboy Urbex
http://www.tomboy-urbex.com/the-forgotten-red-villas/
真冬、体中にホッカイロを貼り付け、茨城にある洋風建築の廃墟を向かいました。赤い屋根を持つことから” 赤別荘 “ と呼ばれている廃墟で竹林に守られ眠っています。かつてのこの別荘に住んでいた住民が何故この場所を放棄したのかは謎ですが、家の様相や仏壇にある戒名から察
廃墟を旅する 【一軒家系廃墟】赤別荘
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-110.html
これは想像していた以上に良い物件であると確信した。この廃墟こそ通称【赤別荘】だ。 赤別荘とはただの通称であり、建物の屋根が赤いだけでこの通称になったのだろう。ちなみに、別荘ではないようであった。 竹林を抜けるとそこにある幻想。
廿六度目の廃墟 - 廃墟のはらわた
廿六度目の廃墟 - 廃墟のはらわた
http://noumiso2.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
廿六度目の廃墟. 赤別荘用7 2013年10月16日、赤別荘へ行く。 協力して頂いた方には感謝しております。○E○ 赤別荘用2 · 赤別荘用5 · 赤別荘用11 · 赤別荘用6 · 赤別荘用12 · 赤別荘用8 · 赤別荘用1. FC2 Management. 2013-11-13 ( 水 ); 未分類; コメント...
地獄の戦鎚記録:赤別荘1
http://hhheellhammer666.blogspot.jp/2013/08/1_17.html
赤別荘1さて今回は『赤別荘』にやってきました。ただ単純に屋根が赤いので赤別荘と言う事ですね。ネット上で見て以来行きたかった所です。そしてここに来て見たい物がある…さらにここに来て思わぬ収穫があった…まずは定番のこの角度からの撮影です。高台から下に降り、ここが正
廃洋館
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.issk.htm
廃洋館ノリで廃洋館とか書いてしまったが和風のところもあるよ。な廃墟。廃墟になったのは1970年頃かなー・・・という気がする。古い残留物が豊富。
Sayonararedvilla:SONSOFTHEDESERT
http://torahiro3.exblog.jp/19805035/
先週関西から友人が遠征してきましたので、久しぶりに赤別荘に行ってまいりました。かなり荒らされているらしいと噂を聞いたので生存確認もかねて。っと行ったそばから玄関がぶち破られています。綺麗なフランス人形もこの有様。2階。何故にこの構図かと申しますと、全体を映せな
Anabandonedredvilla.:SONSOFTHEDESERT
http://torahiro3.exblog.jp/17372385/
強い風の中、山の中にある昭和初期に建てられた赤い屋根の洋館に行ってまいりました。狭い狭い農道をランクル60で進んで行くとこのような洋館が見えてきます。玄関は建具が歪んでいて入れませんが、建物の横の壁が既に崩壊していてリビングが見えています。茶色の家具の中に真っ
竹藪に眠る廃屋 1( 旅行 ) - ズズのいろいろ日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/freezemoon315/13748760.html
今回、ご紹介するのは竹藪の中に眠る西洋館の廃墟です。別名で有名なとこではありますがこの2階には色々と見たいものがあり楽しみにしてたとこです。現在では去年の大雪の被害と心無い人によって荒らされてしまい、見る価値のないとことなってしまいました。ここに来たのは2度目
廃虚の旅 3・赤別荘の主|もぐもぐたんのブログ
http://ameblo.jp/melody2232/entry-12023319164.html
通称「赤別荘」でも別荘ではない。大正時代に建てられた豪邸だ。ただのお金持ちの邸宅だと思っていたが発見した書類から思いがけない事が明らかになる。この一族は、金貸しを生業としており庶民から巻き上げた法外な利息や、農民から取り上げた田畑で私腹を肥やしていった。更には