草本金山

草本金山は大分県中津市の草本・田良川地区にあった金山。

1642年、中津藩(小笠原長次公)が採掘を開始。その後事業は天領直轄、商人、大資本家へと変遷。廃坑と再開を何度も繰り返す。最盛期の昭和十年代には「旭金山」と呼ばれ、国内有数の採金量を誇り五百人以上の労働者が働いていた。住居の他、映画館やテニスコート、公衆浴場などもあった。太平洋戦争の影響で廃坑。戦後二年間の発掘を経て1953(昭和28)年に閉山した。

廃屋、精錬所跡などが残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

草本金山 住所

大分県中津市山国町草本

草本金山 種類

廃鉱・採石場跡

草本金山 画像

草本金山 写真・ブログ・リポート

廃墟シリーズVol,20(草本金山跡):響とバイクと山遊び:So-netブログ
今回、雨の中を突入したのは大分県は山国川の上流にある草本金山跡です。フフフッ!廃墟を見るなら雨がぴったりじゃ。しかしこの金山、観光とか全く考えてないのか案内板が全然無いのね(汗)R500から路地を何個も間違って、ようやく入口の案内板を見つけました。(〃´o`)
草本金山2|inheritminehistory
後日、1人で再訪しました草本金山の事を調べていると、看板やら建てて残しているわりには、情報が少なかったとりあえず、以前の場所より上に登って行きますすると、階段があり、その上には、事務所鉱業所らしき建物がありました何だか、変わった造りですね
山国旭鉱山(草本金山)行ってみた|ドーソン石のブログ
山国旭鉱山です。結構時間かかりまいた。なにはともあれズリに取り付きます。ここではドロマイトが取れるそうです。運が良ければ濃紅銀鉱や菱鉄鉱なども取れるそうですがどうでしょう。もちろん水晶もね。当然、私の狙いも濃紅銀鉱に決まっています。初めての産地なので過去の例か
ゆき潜入捜査官誕生~草本鉱山跡:ゆきのうろうろ日記:So-netブログ
軽く草本鉱山あとの歴史を紹介すると金鉱を発見したのは、室町時代の英彦山の山伏でした。そこから中津藩が管理し、最盛期には、抗夫500人余りも働いていたとされる草本金山精錬所跡です、昭和15年頃までこの地域一帯は鉱山社員や抗夫の住宅、診療所、テニスコート、映画館等
廃墟&近代化遺産(草本金山リベンジ):響とバイクと山遊び:So-netブログ
大分県山国町「草本金山跡」ちょうど今から1年前に廃墟ハンターはこの地を訪れてるいる。今でも思い出すあの恐怖!あれはシトシト冷たい雨に降る初冬のことだった。その日やっと金山跡を探し出しすことに成功したハンターは嬉しくて雨にもかかわらず傘を差して精錬所を見るために