王子製紙敷香工場 概要・歴史

王子製紙敷香工場(日本人絹パルプ敷香工場)はロシアのサハリン、ポロナイスク(敷香)にあった工場。

日本人絹パルプ敷香工場跡は1932年設立。1943年に王子製紙が合併、敷香工場とする。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

王子製紙敷香工場 国

ロシアサハリン州

王子製紙敷香工場 種類

廃工場・発電所

王子製紙敷香工場 関連ブログ・参考リンク

猛禽類医学研究所
http://irbj.net/gallery/inv/16.html
街外れにある巨大な廃墟? かつて、この町が敷香(しすか)と呼ばれていた頃に建てられた旧王子製紙の工場跡です。日本人が去った後も、この場所でずっと歴史の移り変わりを見てきた工場は、私の訪れをどのように受け止めたのか。。。 えっ・・・これで?
「銀河鉄道の夜を求めてinサハリン(樺太)」10 目指せ「最果ての
http://www.karamatsu-train.co.jp/karafuto/karafuto10.htm
最北の都「敷香」 チョロナイ川沿いに 今は静かに佇む 敷香の顔「旧王子製紙敷香工場」 極東最大の電波塔 入口ゲートに比べてどれだけ高いか 奥に入替えのDLが見える 野良多し 飼い犬でもリーダーなし それが「樺太の

ピックアップ廃墟