王子製紙真岡工場

王子製紙真岡工場はロシアのサハリン、ホルムスクにある工場跡。日本統治時代、ホルムスクは真岡と呼ばれていた。

戦後はホルムスクパルプ製紙工場として利用され、筆記用紙やトイレットペーパー、ノートなどを生産し、1980年代には従業員数が2500人を数えたが、1992年の工場火災で設備の大半を失って1993年に生産を停止した。

廃墟化した工場跡や、王子製紙時代の社宅跡などが残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

王子製紙真岡工場 国

ロシア

王子製紙真岡工場 種類

廃工場・発電所

王子製紙真岡工場 画像

王子製紙真岡工場
©Google

王子製紙真岡工場 写真・ブログ・リポート

樺太工業真岡工場(王子製紙真岡工場) 第1回 by サカイ [海外] : 八画文化会館
http://hakkaku-culture.info/webmagazine/000177.php
樺太の南西に位置する小さな港町、ホルムスク(真岡)。日本時代には、終戦直後にロシア軍の侵攻を受け、電話交換手の女性9名が集団自決した真岡郵便電信局事件でも知られる、悲しみの町である。樺太という土地がロシアに帰属し、関係が閉ざされていた時代が長かったこともあり、
水岡ゼミ巡検報告 豊原/ユジノサハリンスク、真岡/ホルムスク 2006.8.23
http://econgeog.misc.hit-u.ac.jp/excursion/06karafuto/0823/index.html
ゼミ生は、王子製紙工場とその木造家屋の社宅群を自主的に視察することになった。ホテルを出発した私たちは,途中、開店して間もない自由市場や、樺太/サハリンにしては立派なデパートなど、活気付いた朝の町の様子を感じながら、慌しく目的地へ向かった。雨上がりのため水溜りが
樺太 サハリン 真岡 広地
http://members.jcom.home.ne.jp/4059287601/sakhalin1.htm
旧王子製紙真岡工場の大煙突の辺りから段丘北側を見る広地より、往路と同じ道を20分ほどで、真岡に戻ってきた。それにしても、真岡~広地間は、大半が未舗装の道であった。凸凹を避けながら、車は左に、右にと、それでも、あまり減速するでもないから身体は大きく揺れて、後方に
ホルムスク
http://llama.world.coocan.jp/ashiato/russia/maoka/maoka.html
王子製紙真岡工場跡戦後、ホルムスク製紙によって操業を続けられていましたが、老朽化で使われなくなりました。現在は冬場のみボイラーを使い町に暖房用のお湯を供給しているそうです。真岡工場と西部本線
日本人絹パルプ敷香工場(王子製紙敷香工場) 第1回 by サカイ [海外] : 八画文化会館
http://hakkaku-culture.info/webmagazine/000128.php
まずは、「日本人絹パルプ敷香工場(王子製紙敷香工場)」です。この工場跡が残るポロナイスク(敷香)は、州都ユジノサハリンスク(豊原)から鉄道で約7時間、日本領時代のロシアとの国境である北緯50度線に近い、東海岸北部の町である。日本時代には、木材伐採事業や付近炭鉱
『アムールスカヤ通の窓から』: 南サハリン西海岸ツーリング(NO.8)
http://sakhalin.269g.net/article/16943312.html
ホルムスク(旧真岡)に到着。港には旧日本時代の桟橋が今も残っています。 conv0050.jpg 旧王子製紙真岡工場の廃墟。南サハリン各地に残る王子製紙工場の廃墟、 堅牢な建物が故、技術的、経済的に解体出来なかったと聞く。
サハリン州第2の都市・ホルムスクへ: ロシアは隣の国
http://sakura-tour.air-nifty.com/russia/2013/08/post-c12c.html
早くホテルに戻りたいから、「あっ、その件は明日にしよう」ってことで12時には切り上げた。 夜の12時だけど、日本時間は夜10時なのよね、でも移動で疲れたんだもん。 Img_2730 ←樺太時代の王子製紙真岡工場跡 廃墟です。 更地にする 
ホルムスクの旧王子製紙真岡工場(2011.07.21) - < Мираж
http://mirage-hdr.269g.net/article/16291716.html
ホルムスクの旧王子製紙真岡工場(2011.07.21). 少し“強烈”な感じさえする“巨大廃墟”である… 5969071756_2240e1750b[1].jpg こんな様子になっているのは、日本統治下、積極的に樺太に進出して事業展開を行ったと伝えられる王子製紙 
廃虚というより遺跡!この工場廃墟もヤバい!サハリン
http://kasakoblog.exblog.jp/24610346/
廃虚というより遺跡!この工場廃墟もヤバい!サハリン・ホルムスク(真岡)王子製紙工場跡廃虚写真 サハリン・ホルムスク(真岡)にある 王子製紙工場跡廃虚写真。 規模も大きく、3階まで登れて そこから隣の建物の屋上にも出れる。
『圧巻の廃墟』by ENAMINさん - 王子製紙真岡工場跡のクチコミ
http://4travel.jp/overseas/area/europe/russia/the_other_cities_of_russia/kankospot/10503339/tips/12481726/
真岡にある王子製紙の工場跡。 現在では稼働していないので廃墟になっています。 車で訪れたので道はよく覚えていませんが、工場に入る手前に多くの港湾労働者がいたので一人だと入りづらいなぁと思った記憶があ 王子製紙真岡
9人の乙女・自決の跡 - 矢嶋武弘の部屋
http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/4708f3bd7d673cd8d6c26e38a342c670
真岡町の遺族らの手に成る 廃墟と化した旧王子製紙・真岡工場 『海外旅行』 ジャンルのランキング ランキングに参加中。クリックして応援お願いします! 人気ブログランキング にほんブログ村 コメント(2 ) Tweet « 特定秘密保護法
老人とSNS③・秀樹とエレーナ - 矢嶋武弘の部屋
http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/45c0a203db9c4c8006d048762d72d21c
運転手のヴィーチャが何度も来たようで、真岡町出身者が建てた慰霊碑などに案内した。廃墟と化した旧王子製紙・真岡工場を訪れた時、秀樹はさすがに重苦しい気持に包まれた。 そして最後に、9人の電話交換手が集団自決した の地
The ruins of Южно-Сахалинс.. - 不良のアウトドア - Bloguru
http://en.bloguru.com/furyou/150902/the-ruins-of
ユジノサハリンスクで見た王子製紙真岡工場の廃墟を、アルバムにしてみた。