滝本別館 概要・歴史

要塞のような旅館跡

滝本別館は北海道登別市の登別温泉にあった旅館。道道2号線洞爺湖登別線沿いに位置する。

1974年時点で既に所在する。当時は滝本別館の西側にも別の建物があった。

第一滝本館を営む株式会社第一滝本館が滝本インより先に開業したものの撤退したらしい。

コンクリート三階建てで、一見して旅館には見えない重厚な建築である。

露天ジャグジー、宴会場、土産物店などを備え、一階が220-227号室、二階が210-217号室、三階は200-207号室と変わった連番で、全24室を備えた。

閉業時期不詳ながら2010年時点で廃墟として言及されており、この時点で既に閉業後相当年数が経過していたものと見られる。

正面屋上に「第一滝本館」の文字が入っていたらしい看板フレームが残り、コンクリート壁面に「HOTEL TAKIMOTO BEKKAN」の文字がわずかに読み取れた。

館内には鹿の剥製が残されていた。

2016年解体。

状態
解体され現存していません
2011年09月15日作成  2019年04月13日更新

滝本別館 住所

北海道登別市上登別町

滝本別館 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

滝本別館 画像・写真

2015年の滝本別館
2015年の滝本別館

滝本別館 ストリートビュー・空中写真

滝本別館 関連ブログ・参考リンク

札幌から行く 『温泉宿』 新登別温泉荘・雑感
http://oyusuki.blog14.fc2.com/blog-entry-788.html
朝食後、この宿が佇む新登別温泉(別荘地)界隈を散歩。ひと目拝見したかった、報徳寺(温泉あり)、京庵(そば屋)は発見できず、代わりに廃墟に出くわしました。ホテル滝本別館だそう。登別温泉で第一滝本館を営む株式会社第一滝本館が、滝本インより先に開業したものの、撤退し
北海道の廃墟フォトサイト「廃墟マップ」 - 登別市-滝本別館
http://www.haikyo-map.com/modules/myalbum/viewcat.php?cid=28
走行中に、ちらりと見えたこの物件は最初、工場か炭鉱跡に見えました。表から見ると、どっからどう見ても工場にしか見えず裏にまわると、そこでやっとホテルだとわかる物件でした。看板が崩れていて、はっきりとは名前がわからない状態でしたが落ちた看板などから、推測するとTA
滝本別館01(北海道廃墟スポット/登別市/廃温泉)
http://kirikomitai.com/kirikomi/takimotob01.html
侵略滝本別館!~消えた露天風呂と睨む鹿~滝本別館(登別市)こんにちは、「廃墟の温泉を探訪する会」会長こと切り込み隊長です。(総会員数一名)当切り込み隊は今まで数多くの温泉ホテル廃墟に切り込んできましたが、その大半が露天風呂が狭かったり、内風呂しかなかったりとい
TAKIMOTO別館
http://hokkaidou.yukishigure.com//ruins1/page753.html
TAKIMOTO別館
鹿旅情、廃ホテル滝本別館.1 : 仄暗いお散歩
http://honoguraiosanpo.blog.jp/archives/1059792633.html
こんな場所によく建てたものだなと感心するくらいの、山の中。立地がよく著名な廃墟では、引きも切らず訪問者が敷地内を徘徊していて、すれ違いに挨拶をかわさなければならないほどだときくが、ここは北海道。毎度のこと最後まで僕ひとりだけだった。一見して、病院のようにも見え

ピックアップ廃墟