城ヶ島砲台 概要・歴史

城ヶ島砲台は神奈川県三浦市の城ヶ島にあった砲台・要塞。

除籍となった戦艦安芸の主砲45口径25cm連装砲塔2基などが設置されていた。

城ヶ島公園の駐車場中央で砲座跡が花壇となっている他、観測所跡の上が現役の展望台になっている。

また駐車場奥に掩蔽部入り口が見られ、水産技術センター方面、赤羽根付近にも地下壕入口がある。

状態
2011年09月15日作成  2018年12月12日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

城ヶ島砲台 住所

神奈川県三浦市三崎町城ケ島

城ヶ島砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

城ヶ島砲台 画像・写真

城ヶ島砲台
城ヶ島砲台
砲座が花壇に改装されている
砲座が花壇に改装されている
城ヶ島砲台
観測所跡
観測所跡
駐車場にある花壇。砲座跡らしいが不詳
駐車場にある花壇。砲座跡らしいが不詳
この奥にコンクリート遺構があるはずだが藪で視認できない
この奥にコンクリート遺構があるはずだが藪で視認できない

城ヶ島砲台 ストリートビュー・空中写真

城ヶ島砲台 スポット

城ヶ島砲台 関連ブログ・参考リンク

Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 城ヶ島砲台跡
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-89.html
三浦半島南端に位置する城ヶ島。ここには大正時代に作られた砲台の痕跡が残っている。城ヶ島公園の駐車場中央にそれはあった。花壇へと姿を変えてしまっているが、おそらくここに砲台が据え付けてあったのだろう。当時は空から秘匿するために、屋根も設けられていたそうだ。そして
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 城ヶ島砲台掩蔽部
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-90.html
城ヶ島砲台跡の探索をした際、掩蔽部にある昇降機の上部に空間があることを発見した。しかし高さが5~6mあるため上部の様子を窺い知ることは出来ない。そこで上部を撮影するための機材を持っていった。早速掩蔽部に向かい進んで行く。薮の中に分け入り…。先日見たままの掘り割
東京湾要塞 城ヶ島砲台跡
http://www.geocities.jp/skegfirst/jyougasima.html
東京湾要塞城ヶ島砲台跡神奈川県は三浦半島の先端部に位置する城ヶ島。強い外洋の波と風によってつくられた海食崖と草原風景はなかなか見応えがあったりします。そんな風光明媚な城ヶ島にはかつて砲台が設置されていました。1899年、要塞地帯法の成立によって三浦半島全域が要
とある戦跡と自衛隊 城ヶ島砲台及び周辺遺構 その1
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-289.html
城ヶ島の軍事的利用は黒船来航時の見張り所まで遡るようだ基本的には関東大震災での三崎砲台の損傷を理由に戦艦「安芸」の砲を再利用した改造型砲塔砲台連装2基が主戦力となるが、当然現在は砲塔は残っていないしかし、地下施設はほとんど無傷の状態で現存しているのだ、基本的に
せめて休日には感動を
http://wonderinholiday.blog.fc2.com/blog-entry-216.html
神奈川県は三崎半島の先端にある城ヶ島。ここに残る軍事遺構として、以前城ヶ島の海岸にある洞窟陣地の写真をアップしました。城ヶ島は古くからの軍事の要衝で江戸時代から砲台があったのは以前紹介した通りです。今回アップするのは、城ヶ島と言えばコレ!とも言える城ヶ島砲台で
とある戦跡と自衛隊 城ヶ島砲台地下施設(駐車場側)
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-377.html
最近城ヶ島砲台の見学会が、月に1回程度行われている様だ、参加者の中から情報をもらった早速見に行ってみたので、その様子を紹介する。 久しぶりに訪れた城ヶ島砲台は、すっかり整備され、何の苦も無く近寄れる様になっていた。
ふぉーとれす 城ヶ島砲台地下壕 探索会
http://senseki739.blog118.fc2.com/blog-entry-145.html
本日は「城ヶ島砲台地下壕 探索会」に参加しました。 東西の砲台地下施設は同一構造ですが左右対称となっていました。 以下の写真は西側砲台地下壕。 いざ入壕! 通路。 通路 昇降機室。 昇降機室 昇降機筒。 昇降機筒 通路。 通路
三浦まちづくりの会 城ヶ島砲台跡
http://046882.blog.fc2.com/blog-entry-53.html
城ヶ島砲台跡. 城ヶ島砲台跡の地下壕入り口、迷彩色がはっきり残っています。 12 4 3 砲塔を据えた砲座跡、花壇になっています。 IMG_5253_convert_20120403204331.jpg. 2012-04-03; 歴史景観 · コメント : 0 · トラックバック : 0. Pagetop. 三浦まちづくり 
三浦まちづくりの会 城ヶ島砲台地下壕 探索会報告
http://046882.blog.fc2.com/blog-entry-58.html
城ヶ島砲台地下壕 探索会」が67名の参加で行われました。 保存状態の良い地下壕です。 50mの長さの地下通路がある。 12 6 3 2 26㎡ほどの弾薬庫が3部屋ある。 12 6 3 1 砲座下の部屋から縦坑を写す。リフトのレール跡があり、右側に 

ピックアップ廃墟