観音崎 北門第一砲台跡 概要・歴史

観音崎北門第一砲台跡は、神奈川県横須賀市にある戦争遺構。東京湾要塞群の一つ。

1880(明治13)年起工、1884(明治17)年竣工。東京湾を防御する要塞として建設され、口径24cmの巨砲2門が東京湾を睨んでいた。1915(大正4)年除籍。

史跡として整備されているが、2018年現在、石垣の隙間から雑草の生える様などが遺跡のような美しさを醸している。

状態
2011年09月15日作成  2018年12月12日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

観音崎 北門第一砲台跡 住所

神奈川県横須賀市鴨居4丁目

観音崎 北門第一砲台跡 種類

軍事施設・戦争遺構

観音崎 北門第一砲台跡 画像・写真

観音崎北門第一砲台跡
観音崎北門第一砲台跡
観音崎 北門第一砲台跡
観音崎 北門第一砲台跡
観音崎 北門第一砲台跡
観音崎 北門第一砲台跡
観音崎 北門第一砲台跡
観音崎 北門第一砲台跡

観音崎 北門第一砲台跡 ストリートビュー・空中写真

観音崎 北門第一砲台跡 関連ブログ・参考リンク

Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 観音崎砲台跡探索~1
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-55.html
観音崎砲台跡探索~1. 東京湾に面する観音崎には明治時代に作られたいくつもの砲台跡が残っている。 日清・日露戦争で活躍したこれらの砲台だが、大正12年の関東大震災により甚大な被害を受け、その傷跡が生々しく残っていた。
観音崎の軍事遺跡(3)
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn007/kannonza/kannonz3.html
北門第一砲台】. 明治13年起工、17年完成、大正2年廃止。早く廃止されたため、「おん ぼ砲台」と呼ばれたそうだ。24加砲2門。 砲台跡の他にも、観音崎公園にはいろいろ 見所があった。 廃墟マニアが見ても面白い物件ではないだろう。 しかし、こんな建物 が
観音崎へ越冬?ドライブ
http://madaka.at.webry.info/201001/article_9.html
落ち着く景色 釣り人も大勢いますねぇ 観音崎灯台 海沿いの遊歩道を歩き日本最初の洋式灯台へ向かう 暖かさに愛犬も穏やかな表情 北門第一砲台跡 砲台を繋ぐトンネルの両側に口径24cmの 巨砲2門が海に向かって並ん
早朝ツーリング♪ その2
http://ameblo.jp/yoshiohgx4v-per/entry-10283355888.html
BBQや磯遊びには良いっすね~♪ ヾ(@^▽^@)ノ 観音崎灯台 1869年に建設された、日本で最初の洋式灯台 らしい... 北門第一砲台跡 海沿いでとっても良い所でしたが、 こういうのを見ると....なんとも切ない気持ちになりますねぇ~。
観音崎・北門第1砲台跡
http://www.geocities.jp/kamosuzu/houdaiato1.html
北門第1砲台は左右一対2門の砲座からなり,24センチ口径のカノン砲が2門設置され ,海門の通過を企てる敵艦に対して,予めなし得る妨害を与えることを任務としていた。 両砲台はフランス積で造られたトンネルで通じており,地下には弾薬庫や兵員室などが
秋のガイドツアー「観音崎の近代化遺産を訪ねる~灯台・砲台跡の
http://www5d.biglobe.ne.jp/~stssk/nobi/0149.html
南門第一砲台跡 30分ぐらい前に観音崎のバス停に着くと、時間前ですが、先に来た人 から6人ぐらいのグループで出発になりました。 最初のグループは横須賀市から来てい ました。。 南門第三砲台跡 何でもバス停の付近に昔要塞の北門があったそうです。
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 観音崎北門第一砲台
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-73.html
2009年7月27日 [戦跡] 観音崎北門第一砲台 · 観音崎北門第二砲台観測所を見るついでに、観音崎北門 第一砲台も見に行ってきた。 完全に整備された砲台跡なので、新たな発見は無さそう だが…。 まあ、せっかく見てきたのでちょこっとだけ紹介。
観音崎 北門第一砲台跡のツーリング情報
http://www.touringdb.com/detail8549.htm
2012年2月3日 観音崎、北門第一砲台跡に関するツーリングスポット情報、クチコミ情報、ツーリング レポート一覧、ツーリング予報など。
東京湾要塞 観音崎北門第一砲台跡
http://www.geocities.jp/skegfirst/kannnonnzaki3.html
かつて多くの砲台を要した東京湾要塞群。全てを合わせるとなんと200近い数の砲が 備え付けられていたといいます。 その中でもっとも重要な役割を担うがために築かれた 観音崎の砲台群。 北門第一砲台は、日本初の洋式要塞の第一号として築かれた記念 す
観音崎・北門第一砲台跡
http://dickhym.blog9.fc2.com/blog-entry-4858.html
正直に言って、観音崎公園内でこの「北門第一砲台跡」を見つけるのは大変でした。簡略な地図にぽつっと書いてあるだけで、道がわかりにくいのです。 簡単に見つかるのは展望園地の「南門砲台」で
浦賀から観音崎へ ~ 第69回San Poの会ウォーキング記録
http://dickhym.blog9.fc2.com/blog-entry-5017.html
浦賀湾の渡し船、叶神社などをめぐってようやく観音崎に辿り着いた、というところまででした。 観音崎自然博物館を横目で見て、少し先にある海が見える展望台で休憩としました。 私が道案内をして北門第一砲台跡へ向かいました。 ご覧のようにここは明暗差
観音崎砲台跡・目次へ
http://www.geocities.jp/kamosuzu/houdaiato.html
2005年5月7日 幹事の仲野正美講師のご案内により,観音崎に残された,日本の近代化遺産とも言える砲台跡を見学した。 砲台跡見学前,集合場所の観音崎バス停近くにある「青少年の村」に立ち寄った。ここには,現在 ①, 北門第一砲台跡, 第一砲台.
観音崎の砲台跡を訪れる1 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/48976860.html
先日、“記念艦三笠”を見た後、観音崎公園へ行ってみました。・・・と言うか、こちらの方が本命で、三笠は思い付きで寄っただけという感じです。観音崎と言えば灯台で有名ですが、その周囲には明治期の砲台跡が幾つか遺されてい様子。また、太平洋戦争時代の遺構も幾つかあるそう
Urban Exploration: 観音崎・北門第一砲台跡
http://urban-exploration-noboru.blogspot.jp/2015/01/blog-post_28.html
観音崎・北門第一砲台跡でポートレート撮影しました。神奈川県横須賀市にある戦争遺構です。
観音崎砲台跡を歩く : 帝都を歩く
http://teitowalk.blog.jp/archives/5668584.html
2014年4月30日 観音崎第三砲台跡観音崎公園入口から観音崎公園に入り、まずは北門第二砲台跡を目指したのですが、どこにある 観音崎北門第一砲台跡たたら浜園地から海沿いの大通りを北上し、観音崎自然博物館の横を通って観音埼灯台の方に上 
観音崎第一砲台(北門第一砲台) - So-net
http://www006.upp.so-net.ne.jp/fortress/tokyobay/kannonzaki1.htm
観音崎隧道を東南東に抜けるとすぐに、左側に東京湾海上交通センターの正門が見えてくる。(この正門から入って坂道を上ると観音崎第二砲台に着く。) その正門前の左右にも坂道があるが、右側の坂道を上るとこの観音崎第一砲台に到着する。(左側の坂道は 
北門第1砲台跡 観音崎公園
http://kannonzaki-guide.com/dai1houdai.html
北門第1砲台跡 ここは、観音埼灯台と観音崎第3砲台跡(海の見晴台)の間にある北門第1砲台跡です。 この経路は、あまり通行する人が少ないので不気味な雰囲気があります。

ピックアップ廃墟