野島地下壕は神奈川県横浜市金沢区にあった地下壕。現在の野島公園の地下に位置する。 横須賀海軍航空...

野島地下壕

野島地下壕 概要・歴史

野島地下壕は神奈川県横浜市金沢区にあった地下壕。現在の野島公園の地下に位置する。 横須賀海軍航空...

野島地下壕 画像

野島掩体壕
"野島掩体壕跡" flickr photo by chidorian https://flickr.com/photos/chidorian/2910413425 shared under a Creative Commons (BY-SA) license

近くのスポット

野島地下壕 関連ブログ・参考リンク

http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-42.html
横浜市にある野島と横須賀市にある夏島。横須賀海軍航空隊が戦闘機の試験飛行を行っていたこの場所は数々の戦跡が残っている。当時の滑走路は現在は日産自動車のテストコースへと改修されている。また、航空機の部品工場だった建物は、現在も日産自動車の工場として使われている。
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-138.html
以前からリサーチを続けていた横浜市にある野島。近年、市によって掩体壕についての説明板が取り付けられたが、特になにかが整備されるわけでも無く放置状態が続いている。横須賀海軍航空隊により終戦間際の年に掘削されたこの壕は、航空機を空襲から守るために作られたという。掩
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-139.html
前回の野島A壕に続いて、次にB壕へと進入する。進入した壕口から10m程度水没しているが、水深は10cm程度。その先は、水は引いたものの足場は悪くぐちゃぐちゃ状態だ。本坑から枝坑がいくつも伸びているが、大きな壕口は全て塞がれている。今回は外側の調査は行っていない
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-140.html
野島地下壕A壕と野島地下壕B壕に続き、今度はC壕へとやってきた。壕口ではyakumo氏が入壕の準備をしている。早速壕口から内部へと進入したのだが、入ってすぐに盛大に水没していた。水深はひざくらい。長靴装備のyakumo氏はこれ以上進む事が出来ない。申し訳無いが
http://shusui.org/nojima_entaigou/nojima.html
国内最大規模の野島掩体壕2010年4月11日更新(写真は横浜市設置の説明板より)掩体壕(えんたいごう)とは航空機を格納する防空壕などの構造物のことです。野島掩体壕は、横須賀市夏島町にあった海軍航空隊基地の航空機を、空襲から守る施設として、1945(昭和20)年
http://airfield-search2.blog.so-net.ne.jp/2010-12-03
神奈川県の日産追浜工場にあった追浜(横須賀第一)飛行場跡地(A地点)。そのすぐ西側に「野島掩体壕」(B地点)があります。2010年5月に飛行場跡地には行ったのですが、掩体壕の方は一身上の都合でスルーしていて、半年後に改めて行って来たのでした^^;追浜(横須賀第
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-44.html
先週来たときには水没のため潜入することが出来なかった横浜市にある野島の地下壕。今ここにその全貌が明かされる・・・のか?公園西側のあまり人気(ひとけ)がない場所にあるためか、この坑口のみ閉鎖されていない。その理由は、水没しているためか、それ以外の理由があるのかは
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/48680238.html
横浜市金沢区の八景島近く、小高い丘を中心に野島公園がある。この公園の敷地は、かの伊藤博文の別荘だったところらしい。ここに太平洋戦争中に使われていた、大型の掩体壕が2基あると聞いたので、出かけてみた。この日(5月18日)は、大潮が近かったのか、平日にもかかわらず
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/12/post-62de.html
目的は、丘の中腹に顔を覗かせているこれ。そう、ここには海辺の丘という地形を利用した、太平洋戦争中の掩体壕が残されているのだ。ただ現場にはそれを示す案内板もなく、女子高生たちはこんなものには目もくれずに通り過ぎていった。