安部城鉱山(阿部城鉱山) 概要・歴史

安部城鉱山阿部城鉱山)は青森県むつ市にあった鉱山。

平安時代初期の開坑と言われる。

近代に入ってからは1906(明治39)年に硫化鉄鋼が発見され、1909(明治42)年に田中工業株式会社によって黒鉱鉱床が発見され採掘が始まった。1912(大正1)年には精錬所を設けられ大規模な露天掘りが行われた。ピーク時の1917(大正6)年には鉱山関係者3200人余りが働いていたという。

大正14年頃に銅山としては閉山したが、1949(昭和24)年から1963(昭和38)年まで硫化鉄鋼の鉱山として採掘されていた。

煙道跡やコンクリートおよびレンガの煙突跡が残っているが、アクセスには困難を伴う。

状態
2019年06月13日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

安部城鉱山(阿部城鉱山) 住所

青森県むつ市川内町

安部城鉱山(阿部城鉱山) 種類

廃鉱・採石場跡

安部城鉱山(阿部城鉱山) ストリートビュー・空中写真

安部城鉱山(阿部城鉱山) ブログ・リポート

安部城鉱山跡 - 海と空と山
http://hygeta.hateblo.jp/entry/20120225/1330149745
いわゆる廃墟とは少し違うんですが、青森県むつ市川内町の安部城(あべしろ)地区には鉱山の跡があります。安部城鉱山跡入口(googleマップ)この辺りまで車で行けます。この先車は入れませんので徒歩になりますが、それなりに道はついていました。所々小さな道標もあります
テン3の旅行・探検blog 安部城鉱山跡探訪記(青森県)
http://tenten333.blog118.fc2.com/blog-entry-41.html
さて本日は廃墟ネタということで、青森県・安部城鉱山跡を紹介します^^かなりマニアックではありますが、レンガ積み煙突が迫力ありましたね~。マニアックすぎて、現地まで到達するのも一苦労でした^^;現地の人に道順を聴かないとムリかな・・・まずは煙道の一部。完全に朽ち
気まぐれ下北紀行
http://www.geocities.jp/rxrspec03/MUTU.htm
「安部城鉱山跡」どんだけ歴史好きやねん!と自分突っ込みたくなるっス。あ!何気にRS-Z君ネット初公開でした。後姿ですが・・・。安部城鉱山は明治時代から操業を始め、日本の中でも有数の銅山として名を馳せていましたが、大正時代末期に閉山。なので資料は殆どありません。
ぺーちゃんのブログZ(仮 安部城鉱山跡
http://2784360.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
そして!見えてきた煙突けっこう山を登る!!疲れる…因みに夜~~~~~~~以下略説明書き因みに、このころからカメラの調子が悪くなる…ピントが合わない!?マニュアルは生きてる!!MFで!もう一本の煙突
阿部城鉱山 #1 ( その他趣味 ) - 廃色の欠片 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/elise_speed_star/17391470.html
写真整理もひと段落したのでさっそく出していきます今回の廃墟旅で有名どころを色々まわりましたがその中でも一番のお気に入り物件です(個人的に)さて探したら色々あるのもでこの存在を知ったのはここ数か月前のことです18年も住んでいたのに知りませんでした厳密にいえば廃墟
阿部城鉱山|おしま工房
https://ameblo.jp/oshimakoubou/entry-12273214308.html
阿部城鉱山今日も迷いましたwしかし分かりにくい看板だな~山菜取りの叔母ちゃんに聞いて逆の道だと判明。左の山道を登るとオートバイの人が下りてくる、声をかけたら途中の道しるべが間違ってると教えてくれた(ありがとう~ね♪

ピックアップ廃墟