舟打鉱山 概要・歴史

舟打鉱山(ふなうちこうざん)は青森県弘前市にあった鉱山。金・銀・銅・鉛・亜鉛が採掘された。

江戸時代末期、安政年間に発見。鉛・亜鉛・銅などが採掘された。

明治に入り転々と権利が移り、1911(明治44)年には採鉱権をを手にした慈光寺泰仲が雷鉱山と命名。

その後も鉱業権は移り、1929(昭和4)年に日本曹達の所有となり、1933(昭和8)年頃に本格的な採掘が始まった。

1935(昭和10)年に舟打部落が形成され、その後診療所なども作られた。1938(昭和13)年には相馬第二尋常小学校舟打分教場が創立、1340(昭和15)年には舟打鉱山尋常小学校と改称。

太平洋戦争中も稼行し、戦後は従業員数は減ったものの、1955(昭和30)年頃でも190世帯、約800人が生活していたという。日産70tの選鉱場を備え、年産鉛1010t、亜鉛1964t、他にも銅や硫化鉄鉱が生産されていた。

輸入鉱石に圧され1962(昭和37)年9月に閉山。翌1963(昭和38)年8月31日には小中学校も閉校した。

跡地には植林され、1982(昭和57)年以降はキャンプ場として利用されていたが、そのキャンプ場も不使用状態となっている。

舟打鉱山無縁佛、舟打鉱山友之会碑、神社跡、小祠などが残る。

状態
2019年08月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

舟打鉱山 住所

青森県弘前市

舟打鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

舟打鉱山 画像・写真

舟打鉱山
1970年代の舟打鉱山跡

舟打鉱山 ストリートビュー・空中写真

舟打鉱山 ブログ・リポート

舟打鉱山跡 (青森県) ( 青森県 ) - くぐる鳥居は鬼ばかり - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/sadisticyuki10/14664656.html
岩谷不動尊・大山祇大神を通り過ぎて、沢田神明宮の前を通って屏風岩(高さ100余りの岸壁が幅600mにわたり屹立するとともに、学術的にも価値の高い北地系の植物が生育し、すぐれた自然環境と景観を形成。)を横目に進みますと相馬ダムに着きます。相馬ダム周辺にはみずべゾ
舟打鉱山跡 - 誰も紹介しない津軽
http://dsntsugaru.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
弘前市沢田の舟打(ふなうち)鉱山跡です。今回で、このブログが100回目を迎えました。記念として、初回に訪れた場所へ再訪しました。初回に同じ場所で撮った写真です。この時に比べると、大雨や強風の影響で、山が荒れているような印象です。周辺の見所を紹介しながら、目的地
舟打鉱山(青森県)
http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/hunauti-.html
HOME青森県弘前市沢田舟打鉱山Photo:2012年8月(1/1)●主な採掘金属:銅、亜鉛、鉛。●主な鉱業権者:日本曹達(日本ソーダ)/株。青森県西部、岩木山の南側、世界遺産で有名になった白神山地の東のはずれに舟打鉱山はある。採掘鉱種は銅、亜鉛、鉛など。発見
空白つれづれ草 : 舟打鉱山~予告篇でんがな
http://blog.livedoor.jp/ukk_1/archives/2012299.html
さすがは鉱山である。ソリの箱にダイナマイトの空箱を利用している。丸太を削って作ったソリも山らしい。うしろの屋敷は所長宅のものである。舟打鉱山の興亡近日公開!たぶん!ヽ(´ii`)ノえ、えらいもんに手をつけてしもた・・・・・・(゜д゜)おわた・・・長くて辛い冬が
舟打鉱山(青森県)
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/funeuchi/funeuchi.html
舟打鉱山青森県中津軽郡相馬村舟打鉱山は、江戸時代末期の安政年間(1854~1859)相馬村の万右衛門によって発見され、その後山の権利は幾多の人々に次々と移ったが昭和4年に日本曹達により本格的に採掘が開始され、昭和10年には舟打部落が形成されて最盛期には約千人を
舟打鉱山(相馬村)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/02.Aomori/Soma_Funauchi.html
◆舟打(ふなうち)鉱山※この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「弘前」(昭和22.7)を使用したものである所在:弘前市沢田(さわだ)地形図:陸奥田代/弘前形態:川沿いに家屋や施設が集まる標高:約250m訪問:2016年5月大字沢田の中東部、作

ピックアップ廃墟