大網防空砲台 概要・歴史

洲ノ埼海軍航空隊の会計課が疎開したという建物。事務所として使用したのか。

大網防空砲台は千葉県館山市にあった旧海軍砲台。4門の高射砲などがおかれていたという。

凹地や塹壕、コンクリート製の洞窟式弾薬庫などが残されており、廃車が放置されているものもある。

また南条へ下る途中に、終戦まぎわに疎開してきた洲ノ埼海軍航空隊の主計科(会計課)の建物が残っている。

状態
2018年12月30日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大網防空砲台 住所

千葉県館山市大網

大網防空砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

大網防空砲台 画像・写真

大網防空砲台
大網防空砲台

大網防空砲台 ストリートビュー・空中写真

大網防空砲台 ブログ・リポート・参考リンク

ふぉーとれす 大網防空砲台
http://senseki739.blog118.fc2.com/blog-entry-128.html
千葉県館山市の大網に戦時中、海軍の高角砲4門が設置されたという。兵装は不明。yakumoさんにご案内いただき見に行くことができた。林道を登って行く。写真では判りづらいが掘割がある。林道のさらに上に壕口が見える。掘割を進むと壕口が現れた。コンクリート製の洞窟式弾
館山周辺の防空高角砲台
http://www17.big.or.jp/~father/aab/yokosuka/shiroyama/shiroyama.html
大網防空高角砲台左:米軍航空写真M583-24(国土地理院)館山市戦争遺跡調査研究委員会報告書に記載されていた。兵装は不明。日付引渡目録による記事昭和20年8月引渡:高角砲4(弾296)、探照灯2建物7
たてやまフィールドミュージアム
http://enjoy-history.boso.net/book.php?strID_Book=0601&strID_Page=001&strID_Section=32
太平洋戦争中に海軍が大日山に防空砲台を築き、4門の高射砲などがおかれていた、いまも凹地や塹壕{ざんごう}などが残されている。周辺には弾薬や食料などの物資貯蔵用の洞窟が掘られ、なかには壕の正面に山の斜面を切り残して、出入口を見えにくくしたものもある。また南条へ下

ピックアップ廃墟