天草炭業烏帽子坑(あまくさたんぎょうえぼしこう)は熊本県天草市にあった海底炭鉱。牛深炭鉱とも呼ば...

天草炭業烏帽子坑(牛深炭鉱)

天草炭業烏帽子坑(牛深炭鉱) 概要・歴史

天草炭業烏帽子坑(あまくさたんぎょうえぼしこう)は熊本県天草市にあった海底炭鉱。牛深炭鉱とも呼ば...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

天草炭業烏帽子坑(牛深炭鉱) ストリートビュー・空中写真

天草炭業烏帽子坑(牛深炭鉱) 関連ブログ・参考リンク

http://kyushu-heritage.jp/map/43ebosikou/43ebosikou.html
熊本県天草市牛深町の烏帽子瀬という小さな岩礁に、明治期のわずかな間だけ操業した炭鉱「烏帽子坑」があります。陸地からおよそ200mもの沖合いの岩礁に、海面から立ち上がりぽっかりと口を開けている坑口はかなり異様で他に類を見ません。背後には天然の岩礁を取り込んだ石垣
http://tristar.at.webry.info/200909/article_2.html
明治時代にほんの数年だけ採炭を行なっていた、天草炭業、烏帽子坑の坑口が残っています。ちょうど大雨でちょっと見にくいですが分かりますか!?では・・・ZOOM~~~(笑)こんな所に坑口があるんですよ!!ありえません!!しかしよく海面から斜坑を掘っていったものです!
http://iph.zouri.jp/00245.html
天草炭業烏帽子坑跡は,熊本県天草市にある明治30年頃に創業した海底炭鉱跡です。キラ炭と呼ばれる高カロリーの石炭を産出し,煙を出さない「無煙炭」として海軍からも重宝されていましたが,湧水に悩まされ事業は数年で停止しています(看板引用)。
http://tanago.dreamlog.jp/archives/1400346.html
天草は下須島、牛深町小森の海上200mにある「天草炭業株式會社烏帽子坑」。烏帽子瀬と言われる岩礁の上に造られた炭鉱遺構。石積みとレンガ積みの不思議な光景に眠気も吹っ飛び、しばし呆然と立ち尽くしてしまいました。烏帽子坑坑口と容易に対峙できる場所は、海岸線に沿って
http://blog.goo.ne.jp/taka0126-log/e/e967394e59f5fd3f965b05b732e36f5f
日本の夕陽百選にも選ばれ、天草の夕陽八景のひとつでもある「小森海岸」と「烏帽子坑跡」想像した以上の風景に思わず声が出ます100年以上波の浸食に耐えたぽっかり空いた坑口、遠くからでも赤レンガの色がわかります。200mほどの沖合にあるらしく肉眼では見えなかったので
http://blog.goo.ne.jp/peaceorange/e/c905f6d381f01581caf278d384af41d7
天草炭鉱「烏帽子坑の坑口」レンガに包まれた坑口を守るように切り石製の防波堤が築かれているわずかな烏帽子瀬に坑口が造られている魚貫坑跡には今も炭坑施設が残っているここから石炭の積み出しが行なわれていたと思われる岩壁
http://sprout34.blog16.fc2.com/blog-entry-61.html
天草市の下須島の海の中に残る、独特な遺構。これは、明治時代の海底炭坑の坑口跡です。採掘された期間はわずか数年だったのですが、閉坑より100年以上経った今でも、荒波に揉まれながらも、その形をとどめている頑丈さに感服です。天然の岩礁を利用して築かれた石壁が、坑口を
http://ameblo.jp/kotokotori-kotokotori/entry-11506376991.html
天草の南端、牛深にあるこれは、天草練炭株式会社が採炭していた海底炭鉱の坑口なのです。良質の「キラ炭」が採れたということでしたが、湧水等に悩まされ、採炭は数年で中止されたようです。それから100年以上も台風や大波に負けず、その赤レンガの坑口をみせてくれることに感
http://ameblo.jp/7nana7y-h/entry-11189672432.html
烏帽子坑(えぼしこう)跡♪海底炭坑跡なんて珍しくない!?欲を言えば…もっと近くで見たいんよね~(ヒ丼з・)ネットで探しても場所の詳細があんまり見つからないけど、小森海岸らへんを目指せばたどり着くはず!!まぁ1本道だし。でもマジ小道…。あと、ここは夕陽がキレイな
http://urata-dental.jp/index.files/Page1905.htm
天草炭鉱烏帽子坑跡地見学●7月25日天草ロータリークラブ(松本融会長)の招待で地元天附小の児童ら約三十人とともにお昼休みの時間を使って天草炭鉱「烏帽子坑」跡地を見学に行きました。●熱い夏の日差しがジリジリと船上に容赦なく照りつけるのを暫く我慢していると海面から
http://www2s.biglobe.ne.jp/~K-AKI/data/sangyou.html
以前あった製紙工場発電所として、大正10年から昭和63年まで発電を続けていたそうです。 周りは廃墟ですね。 鮎帰発電所跡」 2010/12/23. 熊本県八代市坂本町鮎帰. 明治42年に建てられた熊本県最古の木造発電所跡です。100年と古い建物ですツ黴