島廻炭鉱 概要・歴史

共同石炭鉱業島廻炭鉱(しまめぐりたんこう)は福岡県田川郡大任町から川崎町にかけてあった炭鉱。

1905(明治38)年開鉱。1967(昭和42)年に閉山。

小規模な煉瓦遺構などが残る。

また、出炭専用線が豊前川崎駅から積込場まで延びており、橋台跡が残る。

状態
2019年06月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

島廻炭鉱 住所

福岡県田川郡大任町大行事

島廻炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

島廻炭鉱 画像・写真

島廻炭鉱

島廻炭鉱 ストリートビュー・空中写真

島廻炭鉱 スポット

島廻炭鉱 関連ブログ・参考リンク

共同石炭鉱業(株) 島廻 炭鉱|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11351185040.html
今回は、川崎町にありました、共同石炭鉱業(株)島廻炭鉱ですしまめぐりです自分は、何故かしままわりと地元の方に言って笑われました学がないんですとりあえず、現地に行きブラブラしてると共同風呂らしき建物がしかし、大峰炭鉱の共同風呂らしいのでこちらでは、アップしません
共同石炭鉱業 島廻炭鉱跡地 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/242.html
川崎町島廻地区にあった炭鉱場所は川崎町と大任町の境、古河鉱業大峰炭鉱の隣。鉱区は古河大峰坑と共用部分が有り、書類上は古河鉱業単独だったり共同石炭鉱業単独だったりしていたが、実際は相手鉱区への掘進を認め合う(仲良く?)採炭だった。(コレを専門用語?で重複鉱区と言
島廻炭鉱への支線跡 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/93.html
川崎町にあった共同石炭鉱業島廻炭鉱、かつてこの炭鉱からの出炭専用線が豊前川崎駅から積込場(第一大任貨物駅?)まで延びていた。(島廻炭鉱:開坑は明治38年→閉山は??)1974年頃の付近(画像は国土交通省より)積込場南側炭住のスグ隣は古河大峰炭鉱です一応ちょこっ
川崎町 島廻地区・大峰地区 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/108.html
島廻炭炭鉱は先日積出専用線とセットで投稿しましたが、ボタ山奥地にその関連と思われる遺構があります。場所はココですが乗馬クラブの敷地なので入口にはクサリがしてある事が多いです。それに入口は2箇所あるのですが、どちら側からもダートを走破しないと乗馬クラブまで行けま

ピックアップ廃墟