天道炭鉱 概要・歴史

天道炭鉱は福岡県飯塚市にあった炭鉱。

1935(昭和10)年に野上炭鉱天道鉱業所として開坑。1937(昭和12)年4月頃、新東邦炭鉱株式会社に譲渡合併。1939(昭和14)年、再び野上鉱業株式会社に売却。1942(昭和17)年にはまた再び東邦炭鉱株式会社に譲渡。1945(昭和20)年5月、明治鉱業が東邦炭鉱を買収。1954(昭和29)年、大栄鉱業株式会社に譲渡、大栄鉱業株式会社大陣炭鉱となる。1965(昭和40)年閉山。

大将陣公園の頂上付近に大きな給水設備跡やコンクリート基礎跡が残り、他に煉瓦遺構などが点在している。また天道駅東側近くの林の中に運炭隧道坑口が残っている。

状態
2018年11月08日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

天道炭鉱 住所

福岡県飯塚市楽市

天道炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

天道炭鉱 画像・写真

天道炭鉱

天道炭鉱 ストリートビュー・空中写真

天道炭鉱 スポット

天道炭鉱 ブログ・リポート

天道炭鉱跡地 大将陣公園に残る遺構 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/269.html
天道炭鉱昭和10年開坑→野上鉱業→東邦炭鉱→昭和26年明治鉱業操業まで記録有りその後は大栄鉱業?にて昭和40年くらいまでやってたらしい鉱区番号違いで大将陣炭鉱(原口鉱業)というのも有るけど同じく昭和26年までしか記録が無いのでその後どうなったか判らず。(統合?
天道炭鉱跡地 Ⅱ大将陣山に残る運炭遺構 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/340.html
前回投稿から約7ヶ月、モジャもかなり衰退してきたので夏ジモピーに頂いた情報を元にこの炭鉱にかつて存在した大将陣山を貫く運炭隧道を探してみた。12月というのにまだこの紅葉ノンビリしすぎて冬になった?とりあえず山上のPにバイクを駐車景色はすっかり冬ですなおなじみの
天道 炭坑(嘉穂郡)|鶴嘴さんのブログ
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11326401317.html
さて、今回は、こちらの天道炭坑ですこちらの炭坑の遺構は、現在の大将陣公園内にひっそりとあります公園をグイグイ登って行くと、まず最初に給水塔がありますバッチリ残ってますその後、公園内うろうろすると何点かの遺構がありますこんな基礎遺構もあります何故かピンクです続い
天道炭鉱
http://hasiru.net/~maekawa/mine/honami/tendo.html
その本によると、大将陣山(標高112m)周辺における石炭採掘は明治20年代に入ってから。日清戦争(明治27年~28年)後の明治29年から30年頃にかけて、楽市炭坑、西ノ浦炭坑、太郎丸炭坑、久保白炭坑等の小ヤマが林立していった。しかし日露戦争(明治37年~38年

ピックアップ廃墟