木江天満遊郭

木江天満遊郭は広島県豊田郡大崎上島町にあった遊郭。

遊郭跡は古い木造建築が並び、廃屋も目立つ。CAFE RUMIという店舗、玉屋旅館徳森旅館などもあった。

居住者もあり、すべてが廃墟な訳ではない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

木江天満遊郭 住所

広島県豊田郡大崎上島町木江

木江天満遊郭 種類

その他・廃墟一般

木江天満遊郭 画像

木江天満遊郭 写真・ブログ・リポート

明治・大正の歓楽街がそのまま残された寂しくて懐かしい通り [大崎上島 玉屋旅館(廃業)] : 日本ボロ宿紀行
http://boroyado.doorblog.jp/archives/1061556.html
「玉屋旅館」と「三島屋旅館」です。こんないい宿があるという情報はどこにもありませんでした。しかし問題は営業しているかどうか。誰か住んでいる感じだし、営業しているならぜひとも泊まってみたい宿でした。もう一泊この島に泊まってもいいというくらい。向かいの八百屋で現地
木江天満遊郭跡(広島県豊田郡) - 朽ちゆく「おちょろ舟」の里、大崎上島の遊郭跡を訪ねる - 新日本DEEP案内
http://deepannai.info/hiroshima-kinoe/
安芸の小京都などと呼ばれる竹原市の竹原港からフェリーに乗って対岸の大崎上島に渡る。芸予諸島の一つに数えられる離島で、しまなみ海道やとびしま海道などと呼ばれる道で繋がる島々とは違い、本州から陸路で繋がっている橋がないので、フェリーで来るしかない。人口は約8000
木江遊郭跡(広島県大崎上島町木江)
http://furoyanoentotsu.com/kinoe20060911_12.html
木江遊郭跡(広島県大崎上島町木江)H18.9.11~12大崎下島・大長港から、高速船で大崎上島の天満港へ。15分ほど。ここには、木江(きのえ)という遊郭跡がある。やはり、大崎下島・御手洗と同様に、オチョロ舟(お女郎船)で栄えた土地。かつて有った、木造の造船技術
ひとはたびびと:大崎上島ぶらぶら。~~~木江、天満遊郭跡を歩く、その弐。
http://tabibito8823.blog69.fc2.com/blog-entry-714.html
昨日は木江天満遊郭跡のメインストリートを日記にしました。今日は他の建物たちを・・・。☆唯一開いていた食料品店。よろずやかな?☆看板は朽ちかけてますが・・・うっすら「うどん・そば」って書いてた。☆こちらは少しリフォームされてた。追記につづく。☆いやーー美しいタイ
広島・大崎上島ぶらぶら② 木江・天満遊郭跡(1)|寝言は寝て言うも~ん
http://ameblo.jp/hai6no1/entry-11603924862.html
ここ天満は、幕末から明治にかけて補給港、造船所が数多く作られたおかげで栄えたそうです。また九州から京阪神への航路の寄港地としても栄え、繁華街、旅館街、遊郭として栄えた名残りが、昔のまんま残っているというので、前々から一度訪問してみたかった地なんです。戦後の赤線
広島・木江天満の町並み : ■MAGの写真創庫■
http://magphoto.exblog.jp/17296514
憧れの大崎上島・木江(きのえ)にやって来ました。港のすぐそばに残る天満遊廓跡、ここが見たかった~!狭い通りに木造2階建、3階建の妓楼が数多く建ち並んでいます。松野屋さん、食堂だったのでしょうか?消えかかった看板にうどん、そばと書かれてありました。お休みでしたが
大崎上島 木江 天満遊郭跡 : スナック蘭
http://blog.livedoor.jp/masataka0374/archives/1012479392.html
子供の頃、ここでアイスを買った記憶がある「遊郭跡」カテゴリの最新記事
『船宿 オチョロ船 木江遊郭跡 ディープな瀬戸内島めぐり ~ 大崎上島 大崎下島』 [大崎下島・豊島・下蒲刈島]のブログ・旅行記 by kodeyanさん - フォートラベル
http://4travel.jp/travelogue/10695194
呉に一泊し大崎下島と大崎上島へ向かった。大崎上下島行きのきっかけを作ってくれたのはwちゃん(4T非会員)kちゃん(4T非会員)だ。いろいろ情報を頂いて、こんな面白い島があるなら行かねばなるまい、と思った次第である。感謝。さて両島はオチョロ船でにぎわった歴史があ
宿の裏には波が洗う入り江の船着場。重厚な木造3階建て [大崎上島 徳森旅館(廃業)] : 日本ボロ宿紀行
http://boroyado.doorblog.jp/archives/1067941.html
木江の町全体が、ちょっと寂れ傾向にあるのかもしれません。集落は海岸に迫った山と海の間の狭いスペースに密集していて、山の中腹にも家がたて込んでいます。フェリー乗り場から離れた港の付近では、船関係の作業場の廃墟みたいなのもありました。木造5階建ての建物もありました