旭隧道は新潟県三条市にある隧道。吉野屋隧道とも言われる。 1954(昭和29)年開通。延長約800mの長大...

旭隧道

旭隧道 概要・歴史

旭隧道は新潟県三条市にある隧道。吉野屋隧道とも言われる。 1954(昭和29)年開通。延長約800mの長大...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

旭隧道 ストリートビュー・空中写真

旭隧道 関連ブログ・参考リンク

http://zunda225.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
日常の影に潜む非日常を求め「廃墟、廃鉱、廃道、廃隧道、産業遺産、戦争遺跡、洞窟など」の探索記。【穴があったら入りたい】 スポンサーサイト. 2014/10/28(火) 22:38:32|; 旭隧道; | トラックバック:0; | コメント:3.  
http://haisentn.blog41.fc2.com/blog-entry-109.html
今年と去年に新潟へ行った際、長大素掘り隧道(延長約800m)で有名な三条市(旧栄町)の『旭隧道』を見てきました。隧道へのアプローチは二度とも無難に近づける西側からです。県道212号線三条市吉野屋(旭隧道への市道との分岐点)問題の旭隧道は三条市の南部に位置する「
http://blog.livedoor.jp/danke_323/archives/1666458.html
まずは、最大の目的地、3日目の旭隧道からどうぞヽ(^∀^)ノ2泊目のホテル、新潟県のアクアホテル燕三条駅前店からのビュー燕三条駅、三条燕インターすぐそこで、好立地でやす~い♪部屋もきれ~い(゜▽゜)ホテルレポも見た~い?(゜▽゜)朝7時の模様。高速はほとんど走
http://minkara.carview.co.jp/userid/233056/blog/33212364/
オフと言っても、今回はテレビの何コレ珍百景にも紹介された事がある、普通車では通行困難な素彫りの旭隧道を通り、一風変わった名前の世界一神社へ参拝するという変わった?目的のあるオフですA^_^;)主催者のあんぱんまんさんの呼びかけに賛同し、新潟県三条市のしらさぎ森
http://www.geocities.jp/wxfff590/asahizuidou.html
旭隧道新潟県三条市2006・6・4来訪隧道と言うより洞窟。これほどエキサイティングな「穴」は見たこと無い。もう一度行きたい素敵な隧道。馬場元町林道との分岐点。殆どの地図ではこの林道を点線表記しているが実際の所は全線舗装の無難な道である。むしろ途中で交差する県道
http://www.page.sannet.ne.jp/mackerel/ken-oh/yoshinoya/yoshinoya.html
旭隧道(吉野屋隧道)また栄町で恐縮だが、この町の北東部・吉野屋地区の山奥に、上記のような名前のトンネルがある。栄町のホームページによると、このトンネルの正式な名前は「旭隧道」といい、開通は1954年とのことである。『はぢめさんのお部屋』というホームページでこの
http://nagaoka.rgr.jp/traffic/asahiduidou/
旭隧道旭隧道は三条市吉野屋地区内にある昭和29年1月3日に開通した約870mのトンネル。抜けたところには不動明王を奉る神社(世界一神社)があります。個人的には見附の栃窪隧道の次ぐ危険かつロマン溢れる隧道で、いつ行っても興奮できる隧道です。旭隧道は非常に狭く、車
http://www.henari1.jp/Z-16-002-A.htm
ORRの道路調査報告書:全国の廃道・隧道・酷道・旧道・林道を個人が実走調査したレビュー. トップ>隧道電撃ネットワーク> 中でも旭隧道は世界的なお宝隧道と言わざるを得ないのかも知れない。3桁県道から分岐します。 image003. ドライブ&ツーリングのツ黴
http://pulam.blog.fc2.com/blog-entry-155.html
すれ違いの出来ない、細い集落道を抜けると、お目当ての隧道に辿り着いた。何やら工事を行っているようで、周囲には器械やら材料が有った。この小屋は!?車庫?坑口には、このような看板が!この先って、住んでる人は居ないのか!?いや、確か神社があって、住んでる人が居るはず
http://haisentn.blog41.fc2.com/blog-entry-90.html
洞内(西口付近の巻き立て部)驚いた事に春の再訪時には西口カーブを曲がると、夏場には見えなかった約750m先の出口の光が見えていました。てっきり洞内に