笹川流れは新潟県村上市にある海岸。国の名勝および天然記念物に指定されている地域で、日本百景にも選...

笹川流れ廃隧道群(松陰第ニ・第三隧道、アジリキ隧道、天王沢隧道、大正浦隧道、ヒトハネ隧道)

笹川流れ廃隧道群(松陰第ニ・第三隧道、アジリキ隧道、天王沢隧道、大正浦隧道、ヒトハネ隧道) 概要・歴史

笹川流れは新潟県村上市にある海岸。国の名勝および天然記念物に指定されている地域で、日本百景にも選...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

笹川流れ廃隧道群(松陰第ニ・第三隧道、アジリキ隧道、天王沢隧道、大正浦隧道、ヒトハネ隧道) ストリートビュー・空中写真

笹川流れ廃隧道群(松陰第ニ・第三隧道、アジリキ隧道、天王沢隧道、大正浦隧道、ヒトハネ隧道) 関連ブログ・参考リンク

http://yamaiga.com/road/sasagawa/main.html
今回紹介する国道345号線は、通称『日本海夕日ライン』と呼ばれ、景勝「笹川流れ」の真っ只中を貫く、キラッキラの観光路線である。 いつもとは体裁の違うレポートとなったのは、廃隧道など、「山さ行がねが」的な見所に絞ってご紹介する為である。敢えて取り上げていないもの
http://satoatsu.akiba.coocan.jp/zuido/haido-zuido7-1.html
2009年遠征第二弾は山形県から新潟県にかけての国道345号の海岸沿い、いわゆる笹川流れと呼ばれる景勝地にある旧道の隧道群の探索にターゲットを定め、調査を決行した。 前日金曜日の午後八戸を発ち、新幹線で仙台まで行きそこから高速バスで鶴岡市に宿泊し、土曜日7時の
http://blogs.yahoo.co.jp/marumorinotetsuarai/7235864.html
2009年1月5日 廃道(はいどう)」「廃隧道(はいずいどう)」にハマっています。隧道とは、トンネルのことです。 廃道についてはこちら(ウィキペディア)をご覧下さい。 昨年(2008年)の12月29日のこと。 親戚の人に、笹川流れという名勝地にドライブに連れてツ黴
http://yamaiga.com/road/sasagawa/fainal.html
道の駅「笹川流れ」が、国道345号線沿いに建つのは、地名的には笹川ではなく、その南の桑川である。 この桑川は、 おなじみ『山形の廃道』さんの隧道リストによれば…、 …この部分に で、この旧道の隧道、大正浦隧道といい昭和41年竣工の延長34m。
http://lequiosstar.blog.fc2.com/blog-entry-59.html
道の駅笹川流れを過ぎると「カタガリ松隧道」が現れるが、かつてはその左側の海岸沿いを通ったらしい。何も残っていないように見えるが、右手斜面はコンクリートが塗られている。そうすると現れるのがガードレール。すっかり錆びてしまっているが、これこそここに道路が通っていた
http://lequiosstar.blog.fc2.com/blog-entry-58.html
新潟市から青森市へ至る東北日本海沿岸のメインルート、国道7号が新保岳(852m)を頂点とする葡萄山塊の東側、内陸部で峠を越えるのに対し、国道345号は「笹川流れ」と呼ばれる海岸線を沿って北上する。この先笹川流れは山塊が海に落ち込む険しい地形のため通り抜けが容易
http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL21hcnVtb3Jpbm90ZXRzdWFyYWkvNzIzNTg2NC5odG1s
最近(とは言っても10ヶ月くらい前からですが…)、「廃道(はいどう)」「廃隧道(はいずいどう)」にハマっています。隧道とは、トンネルのことです。廃道についてはこ
http://hazami.jugem.jp/?eid=467
素堀国道廃隧道2連発!! 横山とトンネルで騒いでしまったw 次の隧道に入る前に、今通って来た隧道を振り返る。もはやそれは過去に車の往来があったかどうかも忘れてしまうほど、自然に溶け込んでしまっている。
http://minkara.carview.co.jp/userid/233056/blog/31910818/
途中に荒沢最終処分場なる施設があるためか、ちゃんと除雪されており、難なく荒沢へ 次は昨冬、雪で断念した荒沢集落から大須戸集落へ抜ける林道を通ってみます。